2010年01月16日

ウフィツィ美術館のカフェ

いい場所を発見してしまいました☆
ウフィツィ美術館の3階?の奥にあるカフェ。前から知ってはいたんですが、いつも行く時間もなく、見たこともありませんでした。
今回、ガイドさんが説明している間、ちょっと見に行ってみたら、、、
とっても素敵な場所だったんです!!

冬だったためか雪のせいなのかテラス席は閉まっていましたけれど、夏場にはこのテラスでお茶したら最高だわっ!
すぐそばにヴェッキオ宮殿の塔が見え、奥にはドゥオモのクーポラを眺めながらお茶できるなんて、、、
添乗員には残念ながらそんな優雅な時間は訪れないとは思いますがあせあせ(飛び散る汗)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

ウフィツィ美術館からの眺め@AB

ウフィツィ美術館内は、カメラ・ビデオの撮影が禁止されています。
でも、館内から窓の外の風景を写すのはOKです!

↑こちらは、フィレンツェの有名な3つの建築物が同時に写真に納まるポイント!
手前両脇の建物がウフィツィ美術館、奥の高い塔がシニョーリア広場のヴェッキオ宮殿、一番奥の茶色いドームがフィレンツェのドゥオモ(大聖堂)です。

↑ウフィツィ美術館のすぐ横を流れるアルノ川。川はフィレンツェの街を流れ、ピサへと流れていきます。
美術館の地下にはカヌークラブがあるそうで、夏にはカヌーが川に出ているのを見かけたことがあります。

↑ポンテ・ヴェッキオ。アルノ川にかかる橋です。
橋の上は、1階部分はずらりと貴金属店の並ぶ通りとなっています。
橋の2階部分は回廊となっており、その昔、ピッティ宮殿とヴェッキオ宮殿を結ぶ、メディチ家専用の廊下でした。
ヴァザーリの回廊、と呼ばれています。

ちょうど雪景色だったので、いつもと違い、おもしろかったです。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

25年ぶりの大雪@フィレンツェ

12月半ばはあちこちで寒波がきていました。
イタリアでも同じで、私たちのグループがミラノに着いた日の夜、初雪が降り、その後フィレンツェ、ピサ、シエナ、アッシジと、全て雪景色でした。
さすがにローマは雨でしたが、あちこちで珍しい雪景色を見ることができました。

こちらは、フィレンツェのシニョーリア広場。
ここでもミラノと同じように、私たちがフィレンツェに着いた日の夜、初雪が降りました!
街中まで雪が積もるのは、25年ぶりだと、現地のガイドさんが言っていました!
ちなみにこの日、朝一番でウフィツィ美術館の予約が入っていたのですが、時間より前に着いて待っていると、「今日は、従業員が雪で来れずにまだ揃っていないから、オープンできない。」と言われました(笑)
なんともイタリアらしいな〜と思いました。
係員が言うには、午後2時頃には開ける、と言っていたので、そんな時間まで開かないのは困るな〜と思いつつ、別の予定を先にこなしているうちに、開館時間より約1時間遅れで、無事にオープンしました。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ヴェネツィアのアクア・アルタ

ヴェネツィアは、アドリア海に浮かぶ水上都市。
原因ははっきりはしていないらしいのですが、冬になるとアクア・アルタ(高潮)の現象がおきます。
地盤沈下・潮の満ち引き・温暖化が原因ともいわれ、いつこの現象が起こるかというのはわからず、突然地面の下からじわりじわりと海水が満ちていきます。

ヴェネツィア本島の中でも最も低い土地が、サンマルコ広場だそう。
アクア・アルタの時には、広場の床の割れ目から、じわりじわりと海水が沸いてきて、最初は水たまりだったのが、だんだんと大きな水たまりになり、次第にこんなプールみたいになってしまいます。
これは15cm位の深さしかありませんが、時には1m以上の深さになることもあるんだそう。

アクア・アルタの時には、広場には足場が組まれ、その上を歩いて移動することになります。地元の人は長靴を履いて移動しています。
狭い板の上を歩くので、渋滞が起こることもたびたび・・
ただ、潮が引いていけば自然と海水も引いていくので、何時間かの現象です。
冬限定のヴェネツィアの珍しい現象ですね。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

Venchi


ヴェローナのマッツィーニ通りでショッピングはあきらめたねねですが(時間がそんなになかったため)、一休みするのは忘れませんでした(笑)
最近のイタリア添乗では、少しでもフリータイムがあると、おいしいジェラートやショコラータを求めてふらふらしてしまいます☆
しかも、発見したのは、大好きな「Venchi」!!
そもそもはチョコレート屋さんだと思う。イタリアの定番、三角形の形をしたヘーゼルナッツ味のチョコレートの他にも、たーくさんのチョコレートがあり、包装がこじゃれているので、自分で楽しむのもよし、誰かにプレゼントするのにもぴったり、のチョコレートなんです^^
Venchiのチョコは本当においしくて大好き!!
ここのお店はチョコ以外のものが沢山ありました。
ジェラート、ドリンク、ペストリーなど、どれも目移りしちゃう。
寒かったのでねねは、ショコラータ飲みました。
ショコラータにはうるさいねねですが、Venchiのは、どろりと濃いわけではないですが、さすがはチョコレート屋さんのショコラータ、って思うようなチョコの深い味がしました!

ちなみにVenchiのジェラートもめちゃくちゃおいしいです☆
やっぱりチョコレート屋さんなので、チョコレートのジェラートがおススメ!チョコだけでも、何種類もあって迷っちゃいますよ〜〜

Venchiは割りといろんなところでお店を見かけます。
覚えている限りでは、ローマ空港(出国審査を出てすぐ左)、ヴェネツィア・サンタルチア駅構内(ホームの真ん中)、ミラノ空港(搭乗口エリア)、あ、でも、こんなもんか、、
ねねはローマ空港店を愛用中。無事に搭乗手続き・手荷物検査・出国審査を終え、搭乗の案内・免税の手続き、と、全てのお仕事を終えたら、まずはVenchiに直行しています(笑)
自分や友達へのお土産用にチョコレートを物色し、必ずジェラートまで食べます(笑)
あとは飛行機に乗るだけ、という時にぴったりなご褒美デザートなのです☆
美味しいもの好きなお客さんがいたら、必ずおススメしてます♪
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ヴェローナ・アレーナ


ヴェローナでもう1つ有名なのが、アレーナです。
古代ローマ時代の円形劇場で、ローマのコロッセオより古いらしい!
数ある円形劇場の中でも、ヴェローナのアレーナは保存状態がとても良いのだそう。
現在でも、夏には野外劇場として使われており、「アイーダ」が上演され、沢山の人が訪れるんだそうです。

12月に行ったので、クリスマスバージョンになっていて、流れ星がアレーナにかかっていました☆かわいい!!
流れ星は、クリスマスの飾りつけでも定番のもの。
救い主が現れた、と、キリストの誕生を知った3賢者は、キリストの生まれた家畜小屋にお祝いに向かったのですが、彼らは流れ星の導きによって家畜小屋にたどり着いたそうな。

ねねは、ぜひ中を見てみたい、と思っていたので、アレーナに入場してみました。いくらだったかな、忘れちゃったけれど、7ユーロ位?
中に入ると、アレーナの席の一番上まで上ることができます。
なるほど、コロッセオとは違い、ほぼ完璧に残されているのがよくわかります。
ちなみに、イタリアのクリスマスの装飾で一番素敵と思ったのが、このアレーナの流れ星でした。
前にプライベートで訪れたときも同じ飾り付けだったから、毎年定番らしいですね。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ヴェローナ・マッツィーニ通り


ヴェローナの目抜き通り、マッティーニ通り。
ヴェローナのバス駐車場は、アレーナから5分位離れたところにあります。
ジュリエットの家に行くには、アレーナの横から、このマッツィーニ通りをまっすぐ行くとわかりやすいです。
この通りは歩行者天国になっていて、高級ブランドのお店、普通のお店、など、とにかくショッピング天国!!
雰囲気や規模が程よいこの通りでは、素通りするのはもったいない!
(でもヴェローナでそんなに時間は沢山取れないのが普通・・)
ツアーで訪れたときには、せめてゆっくりと歩いて、イタリアのセンスの良い洋服やショーウインドウを、目で見て楽しもう☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ヴェローナ・ジュリエットの家

ミラノからヴェネツィアに向かう途中に、ヴェローナという街があります。
ここは、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったところ、と言われています。
敵対する名家の一人息子と一人娘の悲劇の恋愛話、、ということですが、物語に出てくる両家がこのヴェローナに存在していたのだとか。
そんなわけで、ジュリエットのモデルとなった娘の家が、「ジュリエットの家」として公開されています。

これは、ジュリエットのベランダ。
物語の中で、ベランダ越しにロミオとジュリエットが愛をささやきあう、有名なベランダです。
中庭には、ジュリエットの像があり、幸福になれるように、と皆が像を触っていきます。
恋愛の聖地、として有名らしく、世界中から沢山のカップルが訪れるようです。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

ミラノ風カツレツ&ミラノ風リゾット


イタリアの各都市には、名物料理があります。
肉料理でいうと、ミラノではミラノ風カツレツ、ヴェネツィアではカルパッチョ、フィレンツェではビステッカ・フィオレンティーナやトリッパ、ローマはサルティンボッカ、という感じ。
ミラノ風カツレツは、仔牛のお肉をたたいて薄く延ばし、揚げたもの。
衣にパルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)を混ぜる、と聞いたこともあります。
レモンを絞って食べます。カツレツは、揚げたてがおいしいですね!


ミラノ風リゾットも定番。
サフランで色をつけたリゾット。生のお米を洗わずにそのまま煮込むらしい。

ミラノ風カツレツとミラノ風リゾットは、ツアーでミラノに行けば、定番のランチです。
posted by ねね☆ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ショコラータ☆

あけましておめでとうございます。
今年も1年が始まりました☆


イタリアでねねが大好きな飲み物が、ショコラータです。
コーヒーを飲むとおなかを壊す、という、悲しい体質のねねは、コーヒーの種類も多く美味しい(だろう)国に来てまで悲しいかな、飲めないのです。。
そのかわりにBAR(バール)で頼むのはいつもショコラータ^^
ホットチョコレート、なんですけれど、ココアとはちがう。
もっと濃いの!
どろーーんとしていて、甘い〜〜
でもこの、どろーーん、が好きっ☆
特に、さむぅーい日に街中を歩き回り、体が冷えてしまったときに飲む、一杯のショコラータは最高っ!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。