2008年12月20日

アイゼンフートホテル


ローテンブルクのヘルン通りに面して建つ、アイゼンフートホテル。ローテンブルク一の格式あるホテルで、英国留学中の皇太子様も泊まったことがあるらしいです。「鎧兜」の飾り看板です。
お客さんもツアーに慣れてきたのか、集合時間を知らせて解散したら、それぞれ観光へと散って行ってしまったので、ねねは一人でお昼ご飯を食べることに。。どこも思い当たるところがなかったので、一度入ってみたかったこちらのホテルで昼食を取ることにしましたひらめき

 

ホテル内のレストランには大きな「マイスタートゥルンク」の絵が飾られています。「マイスタートゥルンク」は、ドイツ30年戦争の際、市長の一気飲みによって街が救われたという、お話です。
皇帝軍を率いて街を攻略しに来たのが有名なティリー将軍。この地方の極上のワイン・フランケンワインを振舞われるうちに気分も緩んだティリー将軍、「もしこのワインを大ジョッキ(3.25リットル)で飲み干せるものがいたら、町を解放しよう。」と言います。これを受けて立ったのが、当時の市長ヌッシュでした。市長はその大ジョッキのワインを一適も残さずに飲み干したのです。こうして、英雄市長ヌッシュによって、ローテンブルクの街は救われた、というお話。
この大きな絵にも、大ジョッキのワインを飲み干す市長ヌッシュとそれを見守るティリー将軍が描かれています。広場の市参事宴会場の仕掛け時計でも、ティリー将軍と市長ヌッシュが現れ、ワインを飲み干す場面を再現しています。

 

ねねは、この日の定食?とシャンパンぴかぴか(新しい)をいただきましたわーい(嬉しい顔)最初に出てきたパンがとにかくおいしかったるんるんローズマリーの入ったパン、かぼちゃの種が入ったパン。バターもおいしかったけれど、ハーブの入ったクリームがとてもおいしくて、パンにたっぷりとつけて食べました揺れるハートメインは、ダックだったかな?よく煮込まれていて骨離れ良く、ソースの味もおいしかったです。付け合せのいも団子や赤キャベツの煮込み?も熱々で食が進みました。チップ込みで25ユーロは、この雰囲気や内容に対してとってもお得でしたレストラン

posted by ねね☆ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローテンブルク

ロマンチック街道と古城街道のちょうど交差するところにある街、ローテンブルク。城壁に囲まれ、中世の面影を残したかわいらしい街で、「ロマンチック街道の宝石」と呼ばれています。ねねもこの街が大好きるんるん

 

マルクト広場から聖ヤコブ教会にかけて、クリスマスマーケットが開かれます。マルクト広場に建つ、ピンクの建物は、市参事宴会場です。一日に数回、「マイスタートゥルンク」の仕掛け時計を見ることができます。
右は、広場に面して建つ、市庁舎。白いほうが、14cゴシック様式。茶色いほうが16cルネサンス様式。

 

クリスマスマーケットはとてもこじんまりとしています。クリスマスツリー用の木が沢山並んでいました。着いたときは、ちょうど大粒の雪が降ってきたんです雪霧

 

かわいらしい建物。くるみ割り人形もサンタクロースの格好です揺れるハート

 

左は、修復中の聖ヤコブ教会。15cの悲劇の彫刻家・リーメンシュナイダーの「聖血の祭壇」があります。
右は、ローテンブルク名物「シュネーバル」。「雪の玉」という意味のお菓子で、その名の通り、真ん丸い揚げ菓子が粉砂糖やチョコレートでコーティングされています。けっこう大きくて食べきるのが大変ですあせあせ(飛び散る汗)


ゲーテ・ヴォールファルト。一年中クリスマス用品を扱っているお店で、すごーーーくかわいいでするんるん店内には所狭しと、木工芸品や置物、ツリーのオーナメントなどが並べられています。もちろん大きなクリスマスツリーもぴかぴか(新しい)ニュルンベルクやリューデスハイムにもお店はあるけれど、ローテンブルクが本店です。日本には鎌倉にお店があるらしい?!

posted by ねね☆ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウフホーフデパート

ドイツ・クリスマス・マーケットの続きを書こうと思います。
ミュンヘンのクリスマス・マーケットは、マリエン広場で行われますが、近くに、「kaufhof」というデパートがあります。フランクフルトやニュルンベルグなどにもあり、ドイツの一般的なデパートらしいです。



 

デパートのショーウインドウがめちゃめちゃかわいかったですわーい(嬉しい顔)「動物たちのクリスマス・マーケット」っていう感じで、実際にぬいぐるみの動物たちが動いているんですハートたち(複数ハート)

 

うさぎやくま、おサル、あひる、犬たちが、マーケットの屋台を出していたり、雪ダルマを作ったり、おうちの飾り付けをしていたり、雪を掃いていたり、メルヘンチックな世界が繰り広げられているショーウインドーに、子供ならずとも、釘付けになってしまいました目黒ハート

デパートは、5階建て位?地上階は、化粧品やアクセサリー、その上は衣類や雑貨、家庭用品など。最上階にセルフサービスのレストラン。地下にスーパー・食料品のお店。。といった感じ。

 

 

最上階にある、セルフサービスのレストラン。お肉・お惣菜・サラダ・飲み物・フルーツ・ケーキなどのコーナーに分かれていて、好きなものを取ることができます。座席を広く取ってあるので、歩き疲れたらここでケーキとお茶でのんびりなんていうのもいいかも!

 

おもちゃ売り場に、大きなくまのぬいぐるみハートたち(複数ハート)このくまさんも動いているんですよわーい(嬉しい顔)ここは、シュタイフのぬいぐるみ売り場。ドイツといえば、シュタイフ社のテディベアが有名だと思いますが、カウフホーフデパートのかわいらしいショーウインドウのぬいぐるみたちも、シュタイフ社のものだったのですexclamation×2

 

 

地下には、スーパーがありました。色とりどりの野菜が並ぶコーナー、種類豊富なチョコレート売り場、マギースープがずらりと並ぶ売り場など、スーパー見物は楽しいですよねるんるんスーパーの他にも、チーズ専門店・ワイン専門店・パン屋・生ハムやサラミ屋さんなどがありました。ねねは、生ハムとプレッツェルをお買い上げひらめきホテルに戻ってから、ゆっくりいただきましたレストラン
posted by ねね☆ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

ミュンヘン

ミュンヘンのクリスマスマーケットは、市庁舎のあるマリエン広場で行われます。巨大なクリスマスツリーが市庁舎の前に立ちます。


ライトアップされた市庁舎とクリスマスツリーのイルミネーションがきれいですぴかぴか(新しい)やっぱりクリスマスマーケットは夜が楽しいexclamation&question

 

色とりどりのキャンドルの屋台。
カラフルにデコレーションされた巨大クッキーの屋台。ツリーのオーナメントとして使われるようです。

 

本日の夕食はこちらexclamation焼きソーセージとザウアークラウトの盛り合わせわーい(嬉しい顔)
熱々のミュンヘン名物白ソーセージとあらびきソーセージにマスタードをたっぷりとつけてるんるん

 

クリスマスツリーにつけるオーナメントのお店。所狭しと並べてあります!
りんごあめの屋台。これは挑戦したかったけど、あまりに大きくて断念たらーっ(汗)

 

夜の市庁舎は、本当にすばらしくきれいですぴかぴか(新しい)
サンタさん、発見exclamation×2子供にりんごをあげて、記念撮影していました。ドイツでは、クリスマス当日のプレゼントは、サンタさんではなく、クリストキントと呼ばれる幼子キリストがあげる、ということになっているそうです。

 

クレープ屋さん発見目nuttelaを中に入れた熱々のクレープるんるんnuttela(確かこんな名前・・)は、ヨーロッパの朝食でもよく出てくる、ヘーゼルナッツ入り?のチョコクリームです。ねねはこれが大好き黒ハート

 

人でにぎわう屋台の通り。クリスマスの飾りの屋台。

 

そんな中でもにぎわう屋台は、グリューワインの屋台ハートたち(複数ハート)みんな、わいわい立ち飲みしています喫茶店
ミュンヘンのクリスマスツリーは、高さ30mほどもあるそうですクリスマスぴかぴか(新しい)
posted by ねね☆ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フュッセンで昼食

ロマ街基点の町・フュッセンでのフリー食。何人かのお客様とその辺のレストランへ。

 

レバーひき肉団子入りスープ。ノイシュヴァンシュタイン城の見学でとにかく体が冷えたので、温かいスープをまずは家
そして野菜不足ぎみだったので、ミックスサラダを!

 

ドイツ名物マウルタッシェン。ドイツ風餃子って感じでするんるん
焼きソーセージのプレート。付け合せの王道、マッシュポテトとザウアークラウトも。
どのお料理も熱々でおいしかったです揺れるハートいつも食べていた、ツアーの食事はなんだったのか、って思うくらい、レストランの食事はおいしい。フリー食、万歳わーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツの観光名所といえば!!の、ノイシュヴァンシュタイン城。新白鳥城という意味です。


お城のふもとから。正面奥の山の中腹に、白いノイシュヴァンシュタイン城が見えます。
左には、馬車。お城へは、ミニバスor馬車or徒歩であがります。今回、まだミニバスが運行していたので、私達はミニバスであがりました。


ホーエンシュヴァンガウ城。ルートヴィヒのお父さんのお城です。
ルートヴィヒは子供時代よくこの城で過ごし、白鳥の騎士などの中世騎士物語が描かれたこの城で、次第に夢見がちな性格になっていったといわれています。そして、この城の向かいの山に、自分のお城「ノイシュヴァンシュタイン城」を建てました。


マリエン橋からの、ノイシュヴァンシュタイン城の眺め。残念ながら、修復工事中ですが・・・

  

お城の入り口に、ルートヴィヒの像。前からあるらしいですが、今回初めて気づきました(笑)
レシーバーが新しくなっていました!!

 

正面からお城を見上げて・・・
帰りは、こんな感じの一本道を下っていきます。前日に雪が降りました雪
posted by ねね☆ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホフブロイハウス

「ビールの街・ミュンヘン」にある、ホフブロイハウス。
元々、バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の醸造所として開業しました。以来、約400年の歴史を持つ、世界最大のビアホールですビールビールビール
何人かのお客様とご一緒しました。

 
ビアホールですから、もちろん、ビールですexclamation×2黒ビール(ドゥンケル)や小麦ビール(ヴァイツェン)がおススメ揺れるハート
そして、ミュンヘン名物・白ソーセージ。基本ゆでて食べます。ズューサー・ゼンフというマスタードをたっぷりつけて・・柔らかくておいしーいですわーい(嬉しい顔)
プレッツェルは、塩粒が効いているので、ビールのつまみにぴったりひらめき
ミートボールと、付け合せのじゃがいももおいしかったです。

 
バイエルンの名物料理「シュバイネハクセ」。豚のすね肉のロースト。骨付きの肉の塊がドーーンと出てきますexclamation×2大迫力exclamation×2付け合せは、ジャガイモと小麦粉で作られた、いも団子です。奥には、キャベツの塩漬けを発酵させたザウアークラウトも。

今回は、個人で行ったので、1階でした。
いつも団体で行く場合は、3階のホールで、にぎやかな民族舞踊のショーや音楽を聞きながら、バイエルン地方のバイキングを食べます。
今回初めて、個人で行きましたが、お料理はやっぱり、個人で頼んだほうがおいしかったです。でも、ビアホールのにぎやかな雰囲気なら、いつもの3階のホールでのほうに軍配かなexclamation&question
posted by ねね☆ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュルンベルク

ドイツは、ヨーロッパ研修を含めて、まだ4回目。いつも、ドイツ→スイス→パリというコースでしか来たことがなく、ドイツオンリーというのは、今回が初めてでした!ニュルンベルクも初めて!!
フランクフルトIN飛行機だったので、初めての観光箇所が、初めて行く、「ニュルンベルク」ふらふら
まあなにはともあれ、マーケットの行われる、中央広場にはたどりつかねばっ!!と、お客さんの知る由もなく、ねねの心の内は、はらはらどきどきあせあせ(飛び散る汗)
それでもなんとか無事に、カイザーブルク→中央広場→ゲルマン美術館へと、案内することができましたダッシュ(走り出すさま)あ〜緊張するわ、この職業!!!

 

こちらが、クリスマスマーケットの行われている中央広場です。沢山の屋台が出ています、が、、。しょっぱなから、あいにくの雨・・・雨
左の写真の右手に写っているのが、フラウエン教会(聖母教会)です。左のほうに写っているのが(見えないかも)、美しの泉とよばれる金色の八角形の塔です。
右の写真は、広場からカイザーブルクの方角を眺めて。こちらには、市庁舎と聖セバルドゥス教会があります。


広場に面して立つ、フラウエン教会は、虐殺されたユダヤ人犠牲者の慰霊のためにカール4世が建てた教会。
毎日1回、お昼の12時に仕掛け時計が動きます。カール4世の周りを、赤い装束の7人のほぼ等身大の選帝侯がくるくると回ります。

 
今回のツアーは、昼食も夕食もフリーるんるん朝食のみついています。
一ヶ所目のクリスマスマーケットでは、名物ニュルンベルガーソーセージを屋台で食べれるとあって、皆さん早々と散っていきました(笑)
私ももちろん、ニュルンベルガーソーセージ(細くて短い)のホットドッグを食べましたわーい(嬉しい顔)もちろんグリューワインも一緒にねぴかぴか(新しい)
ソーセージのホットドッグとグリューワイン。これぞ、クリスマスマーケットの、『正しいお昼ごはん』ですexclamation×2

 

サンタさんの形のチョコレート揺れるハート
右のは、アドヴェントカレンダー。クリスマス前の約一ヶ月、クリスマスまでを心待ちにする子供たちのカレンダーで、毎日日付のところを開けると、あめやチョコなどのお菓子が入っています。

 

ドイツは、ワインがとてもおいしいです。
丸い形のボトルは、ボックスボイテルと呼ばれる独特のボトルに入った、フランケンワイン。フランケン地方、特にヴルツブルクの辺りが産地となっている、辛口の白ワインです。
一番右のボトルは、ノイシュヴァンシュタインン城を作った、ルートヴィヒ2世の顔、真ん中のは、ニュルンベルクのカイザーブルクの模様です。

 

ニュルンベルクの町を流れる、ペグニッツ川と元養老院の眺め。
右は、聖ローレンツ教会。
posted by ねね☆ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ・クリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケットをめぐるコースに添乗してきましたぴかぴか(新しい)ヨーロッパの冬の風物詩である、クリスマスマーケットには、前からとーーっても行きたかったので、楽しんできました〜〜〜わーい(嬉しい顔)


こちらは、ミュンヘンのクリスマスマーケット雪立派な市庁舎のある、マリエン広場が会場です。巨大なクリスマスツリーが立っていましたぴかぴか(新しい)


こちらは、フランクフルトのクリスマスマーケット。木組みの家が立ち並ぶ、レーマー広場が会場です。規模の大きいマーケットでした。


そしてこれらは、今回私が集めて持って帰ってきた、グリューワインのマグカップたちハートたち(複数ハート)寒いクリスマスマーケットでは、グリューワインと呼ばれる、ホットワイン(香辛料やフルーツシロップを混ぜた赤ワインを鍋で沸かした飲み物。)が定番です。そして、グリューワインのマグカップは、街ごとにデザインが毎年変わるんですグッド(上向き矢印)かわいいマグカップたちを私も集めてみましたわーい(嬉しい顔)あはは手(チョキ)

沢山写真も撮ってきたので、これから日記に書いてみます手(パー)
posted by ねね☆ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。