2010年04月25日

大雪のグランドキャニオン

2月にアメリカの国立公園めぐりに行きました。
グランドキャニオン、モニュメントバレー、アンテロープキャニオン、ブライスキャニオン、デスバレーという、グランドサークルのツアーです。
今年は大雪!!何十年ぶりかの大雪だそうです。
ブライスキャニオンでは、1m半くらいの雪がまだ積もっていました。

グランドキャニオンもこのとおり・・・

マザーポイントという展望所からは、普段はグランドキャニオンの壮大な渓谷の眺めが見渡せるのですが、残念ながら霧?雲?が立ち込めていて、対岸はおろか、渓谷すら全く見ることができませんでした。

展望所まで雪が・・・
積もった雪が溶ける前にまた新しい雪が積もっていく、という感じでした。
グランドキャニオンビレッジも雪が沢山積もっていて、除雪車ががんばてました。
気温が低いので、いくら除雪しても、溶けない雪がまた風であちこちに飛ばされて積もってしまう、という悪循環。。

雪景色も墨絵みたいで趣があるし、珍しくてめったに見ることができない、と思えますけれど、やっぱりお客さんとしては、グランドキャニオンまできたら、あの渓谷美を見たかったことでしょう。。
壮大な景色は、いつでも見ることができるとは限らない、ということですね。
自然現象とは恐ろしい!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

タイムズスクエア

  

↑ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中、劇場が沢山あるブロードウェイにあるタイムズスクエア。大晦日のカウントダウンで有名。
きらびやかなネオン広告が並び、ニューヨークの黄色いタクシーが通り抜けていく活気のある場所です。この一等地にネオン広告を出すということは一種の経営のバロメーター?東芝さんの広告を見つけ、日本企業もがんばっている!と思いました。
  

↑この辺りは、「ザ・観光客」が来るエリア。ニューヨーク土産を売っているお店ばかりです(笑)I LOVE NYのロゴを施したお土産がたーくさん!!

↑こちらは、馬に乗ったニューヨークの警察官。もはや名物?馬も観光客に慣れていて、おとなしいです揺れるハート
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペラ座の怪人☆

ねねはミュージカル「オペラ座の怪人」が大好きハートたち(複数ハート)今まで、ロンドンとラスベガスで見たことがありましたが、今回、ニューヨークで見ることができました!!本場ブロードウェイミュージカルは初めてですぴかぴか(新しい)

↑劇場はタイムズスクエアから程近いところにあります。マジェステック劇場。

↑ロングランを続けているオペラ座の怪人。映画もよかったですが、ミュージカルはやはり生のオーケストラの演奏、生の歌、舞台装置が楽しめるので断然ミュージカルのほうが好きです!

↑劇場内に入ると舞台の上に、お話しの鍵となる「巨大な豪華シャンデリア」が置かれていました。ロンドン、ラスベガス、ニューヨークと、やはり劇場内のデザインが違うし、舞台装置が全然違い、演出も違うので、それらの違いも楽しいです☆

ニューヨークの「オペラ座の怪人」はさすがに長い揺れるハート1部と2部に分かれていて、間に休憩があります。全部で2時間半くらい。ラスベガスのはあわただしくて全部で1時間半くらいだったから、じっくり楽しめるのはうれしいわーい(嬉しい顔)

ここからは長くなるので、興味のある方だけ、、、
ねねは、始まりの競りの場面、競りの場面から本編の物語が始まるときの盛り上がる場面、クリスティが主役に抜擢されて歌う場面、怪人がクリスティをオペラ座の地下へと連れて行き船に乗る場面、大階段で総キャストがマスカレードを歌う場面、シャンデリアの落ちる場面、最後に地下で起こるハプニング、最後の最後に踊り子がマントを取る場面などなど、好きな場面が沢山ありすぎて・・・観るとわくわくし通しですぴかぴか(新しい)
歌も、マスカレード、シンクオブミー、エンジェルオブミュージック、ファントムオブジオペラ、ミュージックオブザナイトなど大好き!CDも持っているけれど、やっぱり生で聴くのは全然違いまするんるん
ニューヨークのは、本当にきちんとしていた。じっくりと楽しむことができました。
怪人がクリスティを地下へと誘う場面、そして最後のマントを取る場面など、けっこうからくりみたいな部分もあるけれど、そういうのも、いったいどうやっているのかな、と想像するのが楽しい!
何回見ても飽きません。ねね的には、ロンドンのこじんまりとした劇場の雰囲気、ラスベガスは劇場が大きく舞台装置も近代的で豪華、ニューヨークはストーリーが丁寧で一番見ごたえがある、という感じ。歌い手は、私はロンドン→ニューヨーク→ラスベガスだったかな。
日本では今名古屋でやっているはず。日本語なのかな、興味あるなぁ。

怪人はやっぱり、映画のジェラルド・バトラーが一番かっこいいけどねわーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ベッツィ・ロサの家

このツアーでねねは初めてフィラデルフィアに行きました。フィラデルフィアはアメリカ建国ゆかりの地として有名なところ。ダウンタウンは立派な高層ビルの立ち並ぶ街ですが、歴史的地区には、独立宣言をした場所や自由の鐘などが残されており、アメリカの歴史が始まったところでもあります。
 

↑ここはベッツィ・ロサの家。彼女は、アメリカの星条旗を始めて縫った人。今では星条旗には50の星(現在の州の数)がデザインされてますが、彼女の旗は13の星です。これは、建国当時の州の数だそうです。
フィラデルフィアの歴史地区を回り、建国当時のお話を聞いていると感慨深いものがあります。遠いヨーロッパからやってきて新しい土地で新しい国を作ろうと奮闘した人たちがいたからこそ、今の大国アメリカがあるのですね。近代的な街ばかりという印象のあるアメリカですが、古い街もこうして大切にされています。これもまた、広いアメリカの一面なんですね。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

ワシントン小話。


↑これ、今回スミソニアンのあちこちで見かけたもの。なんでも、映画「ナイト・ミュージアム2」とコラボして色々とやっているらしい。ナイト・ミュージアムは私も見たことないけれど、1はニューヨークの自然史博物館が舞台となっていて、今夏公開の2はワシントンが舞台となっている!!

↑この子は、航空宇宙博物館の「宇宙に行ったおサルさん」。宇宙に打ち上げられて生きたままちゃんと地球に戻ってきたらしい。この子や、同じく航空宇宙博物館の赤い飛行機(女性で始めて太平洋横断した?だったかな?)、自然史博物館のモアイや巨大たこなどが映画に出てくるらしい。そして、リンカーン記念堂のリンカーンが歩いたりするらしい!というわけで興味心身だったねねは、それらを訪ね歩いていた、ってわけ(笑)
ナイト・ミュージアム2を早く映画館に観に行かねばっ揺れるハート

↑そしてこちらは、「オバマ大統領就任100日記念」のグッズ。今回、オバマさんグッズもあちこちで見かけました。オバマTシャツ、オバマコップ、歴代大統領グッズなど。人気があるんですね〜
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

スミソニアン本部

ワシントンのスミソニアン博物館群。モールにずらりと建物が並んでいますが、その中には、本部の建物もあります!

↑これがそのスミソニアン本部。通称「キャッスル」と呼ばれています。建物の外観がお城のようだから、、ということで。今回、初めてこの建物に行ってみました!

↑これがスミソニアン。科学者だったかな?ちょっと忘れましたが、貴重な人類の遺産をもっと多くの人に見てもらいたい、とかいう趣旨でスミソニアン博物館群の元を作った人。スミソニアン博物館群には本当に素晴らしいものばかり集まっています。展示物1つあれば立派な美術館や博物館が作れてしまうんじゃないかっていう貴重な展示物が、所狭しと並べられており、それらを誰にでも開放している、というのは、留学時代にワシントンを訪れたときに一番びっくりしたこと。そのときにアメリカの懐の深さを知りました。
 

↑左は、スミソニアン博物館群の並ぶモールの立体模型。これだけ沢山の建物が並んでいるんです。ねねは次に行く機会があったら、航空宇宙博物館の隣の・・名前忘れた。先住民(ネイティブインディアン)の博物館を見てみたいな!
右は、アメリカの宝。アメリカが発明したものとか歴史上大事だと思われるもの、とかの「財宝の山」かな。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

自然史博物館A


↑自然史博物館のメインはどうやら・・『恐竜の化石』らしい!!
 

↑ティラノサウルスとトリケラトプスが向かい合って展示されています。こういうの、子供は大好きだよね〜大人もきっと好きかな?

↑これはマンモスの化石。永久凍土に埋もれて当時の姿を残したまま長い年月を経て発見されるマンモス・・って、なんかロマンだよねぇ。


↑そしてこちらは超人だかりのお部屋・・みんながのぞくガラスのケースの中には・・・
 

↑これは、ホープ・ダイアモンドぴかぴか(新しい)なんと45.52カラット!!そして周りにも大きなダイアモンドの粒がぐるりと囲んでいます。その神秘的な輝き。。どんな歴史を経て今この博物館にあるのかと思うと、、こちらもロマンです!
 

↑他にも貴重な宝石がずらり。ねねは宝石にまつわるお話も興味深くて好き。これだけの財宝を手に入れるにはそれなりのお話がつきものってもの。世界各国に巨大な宝石は散らばっていますが、それにまつわるお話や宝石自体のきらめきにはやはり魅了されますよね揺れるハートこちらはハリー・ウィンストンさんのお部屋でした。

↑自然史博物館の建物中央は吹き抜けになっています。これは、2階から見下ろしたもの。さっきの象さんが真ん中にいますわーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

自然史博物館@

スミソニアンでは3時間のフリータイム。集合場所が航空宇宙博物館だったので航空宇宙博物館とあと一ヶ所の見学、という感じになります。ナショナルギャラリーは2年前の添乗の時に行きました。名画ばかりでとても見所のある美術館です。なので今回は、久しぶりに自然史博物館に行ってみました。
 

↑自然史博物館。アメリカはもう夏休みとあって、子供連れのファミリーでにぎわっていました!建物に入るとすぐに、大きな像(剥製?)がいます揺れるハート

↑建物に入ってすぐ左手に、動物のコーナーがあります。各大陸ごと?に分けられた、様々な動物の剥製?が展示されています。迫力ありますよ♪

↑建物を正面に進むと、海洋生物のエリア。頭上にはくじらの大きな姿が!!巨大なイカやシーラカンスの展示、カラフルな熱帯魚の水槽などなど。

↑地下にはなんと、「モアイ像」が目
なぜここにイースター島のモアイ像がっ?て感じですが、初めて見たモアイ像は意外と小さかった。。多分小さいやつなんだろうな。

↑地下にはフードコート?があります。食べ物が並んでいるので、セルフで自分の食べたいものを取って、最後にレジで会計する、カフェテリア方式(学食形式?)のもの。
すっごい食事だわ〜ふらふらでも、ヘルシーなものってサラダくらいしかないし、菜っ葉もそんなにおいしそうじゃないからね。選択の余地はありません(笑)とりあえず腹ごしらえ!美術館の見学は体力が要りますからっ!

長くなりそうなので、自然史博物館の続きはまた明日・・メインの恐竜の化石と、目もくらむような宝石のエリアのお話ですぴかぴか(新しい)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

航空宇宙博物館

ワシントンD.C.に行ったら絶対おススメなのが、スミソニアン博物館群。その中でも、航空宇宙博物館、国立美術館、自然史博物館が人気ではないでしょうか。その他にも沢山の美術館・博物館があり、膨大な量の展示品を無料で見ることができます。ゆーっくり時間があれば一番いいんですけれど!

↑一番人気?航空宇宙博物館です。

↑博物館に入ってすぐに「月の石」があります。この月の石には、触ることができます。

↑月へ行ったアポロ号。その小ささにびっくり!
 
↑様々な航空機が展示されています。飛行機には詳しくないけれど、昔はこんな飛行機で空を飛んでいたんだなあ、と思うとおもしろいです。ロマンを感じます揺れるハート

↑ジャンボ機の操縦室に入ることができる、というもの。すごい長い行列ができていました目

ここは、家族連れや航空機・宇宙が好きな人にはたまらないところなんではないでしょうか。貴重な展示物ばかりで見ごたえがあります。ショップでは、宇宙食などのおもしろいお土産が買えますよひらめき
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ワシントンD.C.

アメリカ続きだった5月6月でしたが、最後にアメリカ東海岸のコースへ添乗しました。東海岸は、何年か前に、美術館めぐりのコースで行って以来でした。ワシントン→フィラデルフィア→ボストン→ニューヨークと回る7日間のコースでちょっと忙しかったですあせあせ(飛び散る汗)まずは、ねねがアメリカで一番好きな街、ワシントンD.C.へ。あいにくの雨でした雨

↑アーリントン墓地。J.F.ケネディ大統領他沢山の人が眠るところ。整然と白い墓石が並び、かなり広大な敷地の墓地です。ツアーでは、駐車場からケネディ大統領のお墓へ行ってまた引き返して大体1時間くらいです。昔、プライベートで来たときは、衛兵交代を見ました。今でもやっていて、駐車場横のビジターセンター?トイレのある建物で中継がされています。
 

↑真っ白の巨大なリンカーン像が中に納められている、リンカーン記念堂。リンカーン記念堂の手前にはプールがあり、その向こうにワシントン記念塔が建っています。リンカーン記念堂から国会議事堂までのモールと呼ばれる地区には、スミソニアン博物館群の建物がずらりと並んでいます目
 

↑ホワイトハウス。と、その正面にある、大統領のクリスマスツリー揺れるハートここにオバマさんがいるんですねぇるんるん
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。