2009年05月12日

イタリアのスーパー

どこの国へ行ってもお客様が行きたがる共通の場所。それはスーパーexclamation×2現地の生活が一番分かる場所なんでしょうね。ねねも自由行動日に行ってみました!

GRAND VISCONTI PALACEから徒歩10分位のところにあるスーパー。
 

左は、ずらりと並んだチーズ&生ハム(になる足?)。いいなぁ、こんなに種類があって。日本はチーズと生ハム、美味しいのが少ない上に高いよね。。
右は、パスタコーナー。さすがイタリア。種類が沢山あってすっごく安い!!ありとあらゆるパスタが揃っている感じ!
 

日本食コーナーもありました。うどん、そば、おしょうゆ、照り焼きソースなど。

で、ねねの買ったものわーい(嬉しい顔)まずはワイン3本。大好きなスパークリングワイン、ローマのワイン・フラスカティ、ヴェネト州のワイン・ソアヴェ。エクストラバージンオリーブオイル1リットルexclamationオリーブオイルが実は買いたかったの。だってイタリアのオリーブオイルすごく美味しいからひらめきそれと、トマト缶(一番オーソドックスそうなのを選んでみました)、トマトソース(バジル入り)。ジェノベーゼ。パスタ。よく分からないけど、パスタとかに振り掛ける緑の葉っぱ。どれも定番て感じ〜〜これぞイタリアって感じのお買い物でしょ(笑)しかし、重かったよ、これ。本当はオリーブオイル2本買いたかったけど、あまりに重くて断念したわ!
なんと帰りの空港で量ったらスーツケースは26kgたらーっ(汗)JALさん、見逃してくれてありがとうるんるん
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

GRAND VISCONTI PALACE@ミラノ


イタリアのデラックスホテル(当社比)に泊まりましたぴかぴか(新しい)
 

お部屋もこんな感じ!ベッドがとっても広い〜〜ハートたち(複数ハート)ヨーロッパはとにかく粗末なお部屋・・もとい、伝統的な造りのお部屋(つまり狭い、古い、アメニティない、空調&湯周り悪い)が多く、こんなに立派な部屋でうれしい〜〜。ま、豪華なホテルはいっぱいあるんでしょうが、ツアーではそんなホテルにはめったに泊まらない、、ということでふらふらでもこのホテルは立地も良いの☆市内だし、地下鉄の駅もすぐ近く、ドゥオモまで15分位で行けちゃいます!
 
なんとこの日、イタリアのプロサッカーチーム、セリエAのトリノチームが宿泊していたんですexclamation×2ちょうどねねたちがチェックインした頃、選手たちご一行様も出発間際だったようで、、何人かの選手がロビーにいました目ホテルは混乱していてチェックインに時間がかかったのですが、ようやく30分位かけてチェックインが終わり、ロビーでブリーフィングを始めると、選手たちも興味深げにこっちを見ている・・なんだか東洋人の団体がいるぞ〜と(笑)しかも手を振ってくれたり笑いかけてくれたりめちゃめちゃフレンドリーるんるん鍵を受け取った方から解散となったのですが、お客さんはちゃっかりツーショットで写真を撮った方もいましたわーい(嬉しい顔)ねねも写真撮りたかったですが、全員に鍵を渡し終わった後は、もう誰もいませんでしたぁもうやだ〜(悲しい顔)なので、トリノチームのバスをパチリ手(チョキ)

さあ、これはなんでしょうexclamation&question

答え→「泡風呂」でーすわーい(嬉しい顔)豪華なホテルに泊まったとき&時間があるとき、のねねの楽しみは、この「泡風呂」ぴかぴか(新しい)たーくさん泡泡にして、ゆーっくりと読書でもしながらのんびりお風呂につかるのひらめき普段添乗中はシャワーオンリーのねねですが、こうしてたまーにお部屋でリラックスしてまぁす☆


ところで、例のトリノチームサッカー目その後ホテルを出て、ミラノで試合だと聞いていたので、もちろんテレビで見ました!!トリノチームvsACミラン。ねねはサッカーうといので、トリノチームは残念ながら誰も選手を知らず、ロビーにいた選手が誰なのかも分からなかったのですが、ACミランにはそんなねねでも知っている選手がexclamationベッカム、ロナウジーニョ、カカ、インザギ・・おお!知ってる〜と思わず興奮・・テレビの前であせあせ(飛び散る汗)
試合の結果は、5対1だったかな?トリノチームが負けましたたらーっ(汗)でも、あの気さくさは素晴らしかった、きっと良いチームなんだろうと思いますexclamation×2


ホテルの朝食。イタリアでこんなに色々食べられるのうれしいーーだって、ひどいところは、パン・卵・ベーコン・シリアルくらいしかないんだもの!
というわけで、楽しいデラックスホテル宿泊でしたわーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

おいしいパスタ♪

 

左のは、いのししの肉、のパスタ目ドライバーさんが頼んでくれましたひらめきいのししの肉って初めて食べたぁ。。幅の広いパスタとよくからんで美味しかったでするんるん
右のは、アラビアータひらめきトマトと唐辛子のシンプルなパスタ・・ってイタリアのパスタは全部シンプルか。。シンプルなのになぜかとっても美味しいのexclamationなんでだろう?トマトが美味しいからか、混ぜ合わせにコツがあるのか、しかもあっつあつで出てくるのもポイント。てことは、オリーブオイルがたっぷり使われているからかなあ。
 

左は、ボンゴレ・ロッソ。トマト味のボンゴレ揺れるハート
右は、温野菜のプレート。ナス・ズッキーニ・パプリカのグリルにオリーブオイルと塩で食べるんだけど、これ大好きひらめきイタリア語ではなんていうのかな〜
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

ダビデ像

やっぱりもうちょっとイタリアネタがありましたので、引っ張らせていただきます。。
15c、フィレンツェで花開いたルネサンス。その3大巨匠がレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ・ブオナローティ、ラファエロ・サンツィオです。ミケランジェロの作品の中でも、美術の教科書に乗っている有名な像といえばexclamation×2ダビデ像です。
ダビデ像のオリジナルは、雨風から守るために、アカデミア美術館で展示されています。しかし、フィレンツェには他にも、ミケランジェロ広場とシニョーリア広場にダビデ像のコピーが置かれています。

シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿の入り口に立っています。元々、オリジナルの像もこの場所に建っていました。最近まで修復?で幕で覆われてましたが、また見ることが出来るようになりました!

ダビデ像は大変りりしく、体つきがすばらしいです。アカデミア美術館では、デジタルダビデ?だったかな?モニターの映像で360度からのダビデ像を見ることが出来、ねねはそれが興味深かったです。斜め後ろから見たり、顔の部分をアップで見たり。どの角度から見てもゆがんだ角度というのがなく、完璧な肉体であり人間であり、こんな彫刻を彫るなんてやはりミケランジェロは天才だったのだ、と思いましたひらめき

こちらは、ウフィツィ美術館内から眺めたアルノ川&ヴェッキオ橋。美術館内は写真撮影禁止ですが、窓の外を撮るのはOKです。そして、美術館の一角から、ヴァザーリの回廊&ヴェッキオ橋がよく見えるポイントがあります☆

こちらは、逆に、ヴェッキオ宮殿から眺めたヴァザーリの回廊&ウフィツィ美術館。ヴァザーリの回廊は予約がないと入れません。ヴァザーリの回廊を見学するツアーに添乗してみたいなあ揺れるハート
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ポンペイ

イタリアの数ある名所、世界遺産の中でも、最もドラマチックなのが、「ポンペイ遺跡」ではないでしょうか。79年のヴェスヴィオ山の大噴火によって、たった1日で埋もれてしまった街。かつては大きな港を持ち、ブドウ栽培で栄えた豊かな街・ポンペイは、火山灰に埋もれ、長く忘れられた存在であったからこそ、今もなお、昔のままの姿を眼にすることが出来る、貴重な遺産である、と思うのです。


ポンペイといえば、ここが一番の写真スポットexclamation×2中央広場からヴェスヴィオ山を背景にした眺め晴れあの山が噴火して、その火山灰や軽石が降り積もったことによって、街が壊滅したのね、、、と、思わず誰もが遠い目をして当時のことを想像してしまう場所です。


ポンペイ遺跡の観光は、この「ポルタ・マリーナ(海の門)」から始まります。ポンペイの町をぐるりと囲む城壁にはいくつかの門があり、この門は、海へと続く門だったため、こう呼ばれています。


これは、中央広場にある、穀物倉庫。ねねは必ずここに行くようにしています。ここには、「石膏」があるのです。フィオレッリが考案した手法、「石膏」。噴火によって火山灰に埋もれてしまったポンペイの人の肉体は、その後、灰の中で肉体のみ腐り、空洞になります。そこに石膏を流し込むことによって、息絶えたときの様子を再現したのが、この「石膏」です。


ポンペイの街並み。街は、碁盤の目のように整ったつくりをしています。発掘調査によって当時の街並みが保存されています。今でも、約2000年前の道、家、壁画などなど、全てオリジナルを見ることが出来、当時の生活の様子を垣間見ることが出来るのです目遺跡好きな人なら、ポンペイの街を歩きながら、ローマ時代の生活に思いをはせ、興味の尽きないところです。ねねもその一人わーい(嬉しい顔)ただ、このポンペイの遺跡は、英語ガイドさんがほとんどなので、添乗員的には大変なところですあせあせ(飛び散る汗)資料を集め、何回か行って、ようやくなんとなく、分かってきたところです(汗)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ストレス解消!

ねねのストレス解消法(添乗中)は、「おいしいものを食べる!」に限ります。ちょっとおいしいものを食べるととたんに機嫌は良くなりますわーい(嬉しい顔)とはいえ、なかなかそんな時間はないのがほとんどだけれど、、、ふらふら
この間、成田での貨物機事故の影響で、ミラノにて延泊せざるを得なかったときがありました。。。ねねは、お客様対応、そして事務対応に追われ、やることがいっぱいあせあせ(飛び散る汗)お客様にはそれぞれ近くのレストランで食事を取っていただきましたが、ねねが、「そういえば、食事をしにいかないと食いっぱぐれる!」と危機感をいだいたのは、もう夜遅くのことでした。。。添乗員は体力勝負exclamation×2まだまだ事務処理も残っていたし、朝からやることがいっぱいだったので、まずは腹ごしらえ!と思い、夜の街へと繰り出したのでした〜

 

んで、一人で寂しく、いや、かなり上機嫌(やけ食い?)でお食事しましたわーい(嬉しい顔)初めて、「牛肉のカルパッチョ」を食べましたexclamation生の牛肉にオリーブオイルや塩、パルメザンチーズを絡めて食べるの。これ、とってもおいしかった〜〜るんるんでてきたフォカッチャもおいしくて、あっという間に完食ぴかぴか(新しい)パスタは、魚介類のパスタ。自家製パスタで、魚介のうまみがおいしかった。シャンパンも飲んでストレス解消しました(笑)
そしてホテルに戻って、また怒涛のごとく書類と向き合い、翌朝も早朝からお客様対応に努め、無事、帰国することが出来たのでしたひらめきふぅ〜やれやれたらーっ(汗)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

スフォルツェスコ城

 

ミラノで権勢をふるったスフォルツァ家のお城です。写真タイムで寄るときは、この正面側で10分ほど時間をとります。時間のあるときは、城の中を通り抜けて後ろ側の公園へと歩いていきます。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ヴェネツィア


「リアルト橋」です。ヴェネツィア本島の中心、サン・マルコ広場からは歩いて10分位。本島は、グランドキャナルと呼ばれる大運河が貫いていますが、その運河にかかるのがこの大きな橋、リアルト橋です。大運河沿いは、昔、海運都市として栄えたヴェネツィアらしく、豪華な商館などが立ち並んでいます。リアルト橋からの眺めはとても良いので、良い写真スポットですわーい(嬉しい顔)沢山のゴンドラが通っていきますよるんるん


サン・マルコ広場にある、「ドゥカーレ宮殿」。非常に美しい建物です。中はかなり広いので、見学には1時間くらいかかります。順路に従っていくと、最後に、隣の牢獄、そして、ため息の橋の中を通ることが出来ます!


サン・マルコ広場に建つ、鐘楼。ヴェネツィアのシンボル、「翼の生えたライオン」がついてます。鐘楼には、エレベーターであがることができます。登ると、天気の良い日は、サン・ジョルジュ・マッジョーレ島、リド島、ジュデッカ島など、周りの島々が一望でき、すばらしい眺めのようです。。。ねねはまだのぼったことないので、いつか時間のあるときに上ってみるぞひらめき


サン・マルコ広場に面するカフェ「カフェ・クワドリ(だったかな・・名前忘れた。。)」でお茶しました〜☆ねねの大好きな、ショコラータ揺れるハートホットチョコレートなんですが、イタリアのは、どろーんとしていてかなり濃厚exclamation×2寒い冬に、あっつあつのショコラータを飲むのは、ねねの「ささやかな幸せ」でするんるん添乗員の息抜きタイムぴかぴか(新しい)ちなみにサン・マルコ広場に面するカフェはお値段もお高いざますよ目これで1000円くらいかな?普通にバールでショコラータ飲むと2ユーロくらいで飲めます。でも、豪華にトレーに乗せられて、うやうやしくポットに入れられて、しかもお水もついてきて、、、うふふ。リッチな気分になれました〜わーい(嬉しい顔)カフェ・フローリアンもデビューしてみたいなぁ☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

ヴァチカン市国80周年☆


こちらは、サン・ピエトロ広場から見た、サン・ピエトロ大聖堂☆その内部は、こちら。大聖堂の左側で、現在、『ヴァチカン市国80周年展示会』が行われています。


1929年のヴァチカン市国誕生から、今年でちょうど80周年ということで、5月10日まで無料で見ることが出来ます。


中に入るとまず、ヴァチカン市国の模型があります。これはとっても分かりやすい!!手前の円形の広場が、サン・ピエトロ広場。サン・ピエトロ大聖堂やヴァチカン美術館の後ろに庭園などがあります。ヴァチカンの敷地や構造がとてもよく分かります。今さらながら、その小ささにびっくり!

 

歴代のローマ法王の肖像画が飾ってあったり、ローマ法王の乗った車が展示されていました。

 

左は、ヴァチカン美術館の入り口にある、彫刻。ミケランジェロ・ブオナローティとラファエロ・サンツィオです。2人とも、当時のローマ教皇の命により、美術館内に作品を残したことでゆかりの深い人物です。
ヴァチカンを守る衛兵のマネキンも。ここでなら、一緒に写真が撮れますねわーい(嬉しい顔)
他にも、ヴァチカン市国が発行する切手のコレクションや、ヴァチカンラジオ、歴代法王の豪華な帽子やマント(?)などなどが展示されていて、なかなかおもしろい展示会でした。

posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

ピザ♪

ねねはピザ大好きわーい(嬉しい顔)アメリカの具沢山のピザも、イタリアのシンプルな釜焼きピザも、トルコのチーズピザも、日本のピザトーストもぜーんぶ好き(笑)とろけてるチーズが大好きなの(笑)ハートたち(複数ハート)

この間、イタリア添乗中、フィレンツェのレストランで夕食を食べました。ところが、お客様の人数が多く、飲み物の注文やらなんだかんだと用事を済ませ、テーブルに着いたはいいけれど、お客様と一緒に座るとなんやかやと話しかけられ、結局、ろくに食事が取れませんでしたたらーっ(汗)そこで、夕食が終わってホテルに戻ってから、おなかがすいたな〜と思ったねねは、すぐ近くにピッツェリアがあったのを思い出しましたひらめきテイクアウトができるんじゃない?!とひらめいたねねは、夜の街に一人で繰り出しましたよ(笑)

そして、テイクアウトしてきたのがこちらのピザ揺れるハート

焼きたての釜焼きピザをテイクアウトにしてもらって、ご機嫌でホテルに戻り、お部屋でゆーっくりおいしいピザを食べたのでしたるんるん添乗員ねねのささやかな『幸せなひと時』でした☆


ピザは、ハム、きのこ、アーティチョーク、モッツァレラなどが乗ったトマト味のピザぴかぴか(新しい)おいしかった〜〜けど、さすがのねねも巨大なイタリアのピザは全部は平らげられませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

posted by ねね☆ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。