2010年04月30日

ウィンホテルのバフェ


ラスベガスの高級ホテル・ウィン。
奥様の誕生日プレゼントとして建てられた、というホテルです。
まだラスベガスでも新しいホテルの1つで、シックな外観をしています。


ウィンのバフェは、美味しいと有名です。
ラスベガスの大体のホテルでは、カジノの客寄せのために、趣向を凝らしたバフェを安価で提供しており、ベラッジオやパリスのバフェは中でも有名。
ウィンのバフェも有名で、ねねは前に来たときは、1時間半待ちで断念したことがあり、今回はそのリベンジ!
2月に行った今回は、なんと待ち時間ゼロ(笑)
すんなりと入れました〜。やっぱり不景気の影響かしら・・
バフェのお値段は確か35ドルちょっとだったかな。。
多分、ラスベガスのバフェの中でも1,2位を争う値段の高さだと思います。

でも、バフェの内容はお値段以上、期待以上のもので、とっても満足できるものでした〜☆

シーフードがあるということで、まずは、かに、えび、サーモンなどをチョイス!
かにも普通に美味しくて、大きなサイズで食べ応えありました〜
かにやえびをてんこ盛りにして食べている人もいましたよ。


ねねが選んだメインはこちら。
もうね〜、種類が多すぎて、どれを食べようか、迷っちゃいます!
お料理は、サラダ、チーズ、パン、温野菜などのブースに分かれており、なおかつ肉コーナーやパスタコーナーなど、温かいものやその場で調理してくれるコーナーもあり、特徴としては、イタリアンが充実していること、かな。
ねねは、生ハムやチーズ、大好きなシーザーサラダ、お肉は確かラム、ローストビーフ、オッソブーコ(イタリアン)などをチョイス。
ちゃんとそれぞれ良い素材を調理してあり、味も美味しいです。

このとき泊まっていたサーカスサーカスのバフェがあまりにまずくて、思わずふらふらとウィンまで歩いていってしまったのですが(笑)、ほんと、サーカスサーカスのバフェとは雲泥の差!!
バフェだからといって、放置されてまずくなっている、、なんてことは全くなくて、お料理は新鮮で作りたて、そのままレストランでサーブできるくらいです。


バフェの値段には、飲み物代も含まれています。アルコールは別料金。
ねねは、コーラとクランベリージュースを飲みました。
飲み物を運んでくれるウエイトレスさんには、食後テーブルにチップを置きます。1〜3ドル位。


ウィンのバフェの特徴は、なんといっても、デザートの充実していること!!
ねねは、デザートコーナーがあまりに充実していたため、メインを少し控えたほど(笑)
各種ケーキ、ムース、ジェラートなどが種類豊富にずらり並んでいます。
ねねのチョイスは、クリームブリュレ、いちごのムース、チョコとオレンジソースのムース、ショートケーキ、りんご飴(笑)、ジェラート3種(キャラメル、いちご、チョコ)で、大きなデザート盛り合わせを作成(笑)!!
ケーキ類は、よくあるアメリカのケーキとちがい、甘すぎず、大きすぎず、ほどよい味付けです。
特に美味しかったのは、ジェラート!全て美味しかったです。
りんご飴も美味しくて、幸せなデザートプレートでした。
もっと色々と食べたいものもあったけれど、ねねのおなかは、残念ながら満腹に・・

このときはすいていたからか、バフェの雰囲気も落ち着いていて居心地がよく、客層も大人な感じでやはりゴージャス、さすがウィン!と、思いました。
食べ物もこれだけバリエーションがあって、とても美味しいので、また行ってみたい、お気に入りのバフェとなりました^^

posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148187301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。