2010年04月06日

雪のノイシュバンシュタイン城

バイエルン国王・ルートヴィヒが建てた夢の城、それがノイシュバンシュタイン城です。
またしても雪の中の訪問となりました。。でも雪景色の中のお城がきれいなんです!!

冬、特に路面が凍結しているときは、普段使うシャトルバスが運行していません。
お城は山の上にあるので、ふもとから大体30分くらい歩いて登るか、馬車に乗るか、なんですが、この日は1月2日、2010年の営業開始日だったためか(城は元旦はお休み)、馬車は長蛇の列でした。
結局、歩いたほうが早い、ということで、歩いて登りました。

雪景色の山の道、馬車が通る様子は、本当に美しいです。
山のしんしんとした冷たい空気、降り積もったばかりの雪、静けさ、そういったものを感じながら、夢の城へと登っていくのもまた楽しいもんです☆
歩いて歩いて、ようやくお城がその姿を現しました!

お城の手前に、新しい展望所ができていました。

展望所からお城を撮ると、こんな感じです。

これはプラート渓谷。プラート滝が流れています。
渓谷の上には、マリエン橋があり、夏には橋の上から、お城の全景の写真を撮ったりします。


お城の見学は、完全予約制。案内人に従って約40分で、城の中を見学します。
城の中は写真撮影禁止です。
未完成のお城ですが、ルートヴィヒの暮らしたお部屋などを見ることができます。

帰りもまた山道を下ってふもとの駐車場へと戻ります。
雪の中のノイシュバンシュタイン城、忘れられない光景となりました!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144193347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。