2010年03月23日

イタリアの朝食

イタリアの朝食は、日本人にとっては「物足りない」です。

イタリア人は、パン1こ(ジャムとかクリームとかついてる甘いの)とカフェラテで済ませることが多いそう。
日本人旅行者は、パン(何種類もの)、ハムやチーズ、ソーセージやベーコン、卵料理、野菜、ヨーグルト、デザート、などを所望する(期待する?!)。
ところが大体のホテルで出てくるのは、パン、ハム、チーズくらい。
これは契約によります。イタリアはその辺シビアです(笑)
うちのグループには卵料理がついているけど、向こうのグループにはついていないから、卵料理だけうちのテーブルのほうに置いてある、とか!
コンチネンタルなのかアメリカンなのかの契約の違いなので、要するにツアー代金との違い、です。

今回、朝食の写真を撮ったのは、このホテルの朝食がとっても豪華だったから(笑)!!

ハムやチーズもずらり。

甘いパンにいたっては、種類も豊富にずらり。
ジャムが挟まっていたり、クリームが入っていたり、粉砂糖がふってあったり、タルトケーキのようだったり。

ヨーグルトや桃の缶詰などもありました。
ちなみに、イタリアの朝食には、野菜はまず出てきません。
野菜=体を冷やす、という考えがあるらしいです。
前にミラノでとてもよいホテルに泊まったことがありますが、そこでも、せいぜいトマトときゅうりの切ったのしかありませんでした。
食物繊維はプルーン(これはよく出る。)で取る、と聞いたことがあります。
というわけで、こんなに豪華な朝食は珍しい、と思います・・。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。