2009年08月22日

ベッツィ・ロサの家

このツアーでねねは初めてフィラデルフィアに行きました。フィラデルフィアはアメリカ建国ゆかりの地として有名なところ。ダウンタウンは立派な高層ビルの立ち並ぶ街ですが、歴史的地区には、独立宣言をした場所や自由の鐘などが残されており、アメリカの歴史が始まったところでもあります。
 

↑ここはベッツィ・ロサの家。彼女は、アメリカの星条旗を始めて縫った人。今では星条旗には50の星(現在の州の数)がデザインされてますが、彼女の旗は13の星です。これは、建国当時の州の数だそうです。
フィラデルフィアの歴史地区を回り、建国当時のお話を聞いていると感慨深いものがあります。遠いヨーロッパからやってきて新しい土地で新しい国を作ろうと奮闘した人たちがいたからこそ、今の大国アメリカがあるのですね。近代的な街ばかりという印象のあるアメリカですが、古い街もこうして大切にされています。これもまた、広いアメリカの一面なんですね。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。