2009年06月27日

ハイデルベルグのカール・テオドール橋

アメリカ添乗の話を書くつもりが・・・3月に行ったドイツ添乗の写真がまだあったので、、いきなりドイツの話になりまぁす(笑)るんるんしばらくお付き合いくださいませ(^_-)-☆

ハイデルベルグは、古城街道に位置し、ドイツ最古の大学・ハイデルベルグ大学を要する古い街。ネッカー川が街中を流れ、山の中腹には、ハイデルベルク城がそびえています。


ネッカー川にかかるのがカール・テオドール橋。橋のたもとには、ブリュッケ門が残っています。もともとは街をぐるりと囲む城壁の一部でしたが、現在では城壁はなくなり、出入り口だったこの門が残されているのみ。一時は門の中は牢獄としても使われたことがあるとか。


ブリュッケ門を渡る前に、、、門のすぐ横にこんなサル(マントヒヒ?)の像があります。なにやら鏡を持っていますが、、、
この鏡を覗き込むと、あなたの本心が見える。とか、この鏡に触るとお金持ちになれる、とか、色々といわれがある像です。

そして見逃さないでほしいのは、このサルの左横に、、、


こんなちっこいネズミさんがいること!!!写真では分からないかもしれませんが、本当に小さいの!!お饅頭くらいの大きさだから、サルとネズミはセットでお見逃しなく〜
ハイデルベルクは学生の多い街。これらの像も学生たちのアート作品なのかな?
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。