2009年06月23日

体調不良!!

ペルーは体力勝負の国。だって南米は遠い・・日本から丸1日かけてペルーにたどり着き、その後観光の日々。疲れも取れぬまま今度は標高4000mほどの高地にあがるなんて、、、お客さんも大変だけど、添乗員も大変なんです・・ふらふら

それはプーノという街で泊まったときのこと。プーノはチチカカ湖の岸辺にある標高3800mほどの街。ここは、ペルーのツアーの中では、最大の山場!!
標高3300mのクスコからプーノへと長いバス移動をして、チチカカ湖の観光も終えた夜。初めての場所、初めての高地、それなのにESG(ENGLISH SPEAKING GUIDE)もうやだ〜(悲しい顔)ガイディング(通訳)までさせられ、もうへとへと。このへとへとな長い1日を乗り切って、プーノでお客さんも重度な高山病にさえかからなければ、あとは標高の低いリマに飛べば、ペルーの難所を乗り切ったも同じ!!
幸いお客さんは軽い高山病を訴える人すら数人いる程度で、まったくもって健康そのもの、元気いっぱい、といった感じひらめき

やったーexclamationあとは明日の朝のフライトでリマへ無事に飛べれば・・揺れるハートと思いながら眠りについたのに、、、

夜中に胃の激痛で目が覚めたーーーっ

もうあんまりにも胃が痛くって、、、
何でおなかが痛いのーって、胃が痛い原因を考えるも、思考回路が回らない。。とりあえずトイレに向かうも、あまりに胃が痛くて歩けず、ベッドのそばにうずくまって動けない、、、たらーっ(汗)

別にトイレに行きたくはなかったので、しばらくベッドの上で微動だにせずちぢこまっていたけれど、胃はしくしく段々と痛くなる。。
あまりに痛かったことしか記憶にないけれど、その後に確か、胃薬だけ飲んで、そのまま眠ったんだと思う。

気がついたら朝だった。。夜中の胃の激痛はなんだったんだろうか、、と思い返すも、夜中ほどではないけれど、胃が相変わらず痛くて、、きちんと立つこともできなかったふらふら
それでも、持ってきた非常食を食べ、ロビーにあったミント茶を飲み(胃に効くと言われた)、おとなしく出発の時間まで過ごした。


そのとき食べた、ねねの非常食。最近のお粥はすごいよ。常温でもおいしく食べられるんだもの。やっぱ胃の弱まっているときには、おかゆだよ!!

この日から、ねねの体調不良は始まったんだよね〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
この後、ペルー滞在中、下痢&嘔吐に悩まされ、帰国後もしばらく具合が悪く、そのまま行ったアメリカ添乗中に、熱、のどの痛み、咳と悪化していき、おまけにじんましんも出る始末。。
世間は折りしも「新型インフルエンザ」で騒いでいたから、疑われたりして、、結局検査も受けることになり(陰性だったけど)、、散々な5月だったあせあせ(飛び散る汗)

明日は、そんな体調不良の中飛んだ(笑)、「ナスカの地上絵」ですわーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121629135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。