2009年05月17日

雪のヴィース教会


ユネスコの世界遺産に登録されているヴィース教会。ノイシュヴァンシュタイン城から30分位ミュンヘン寄りにあります。ヴィースとは「平原」と言う意味。その名の通り、小さな村のはずれの平野の中に教会が立っています。
外観はなんとなく地味!でも、中に入ると、外からは想像もできなかった素晴らしく華やかな装飾で飾られているんですわーい(嬉しい顔)
 

バロックの最高傑作と呼ばれている、ヴィース教会の内部。鮮やかなフレスコ画、天使などのモチーフなどなど、華やかな装飾です。
中央祭壇には、「奇跡のキリスト像」が置かれています。昔、この像を手厚く保護したところ、木彫りのキリストが涙を流したそうな。「ヴィースの奇跡」と呼ばれているもので、この像があることでこの教会は有名になり、はるばると訪れる信者が沢山いるのです。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119264860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。