2009年02月07日

バクラヴァ大好き☆

『バクラヴァ』って、知ってますか〜〜

トルコのお菓子なんですけど、、

ツアーの食事でも、デザートとして、たまーに出ることがあるけれど、大方の日本人にとっては、「甘すぎるぅ!!!」という意見が多かったらしく、今は、「日本人=フルーツ出しときゃ一番無難」となり(笑)、あまり食べる機会はないかも。
ねねも最初にバクラヴァ(・・に限らず、、トルコのお菓子全般。。)食べたときは、あまりの甘さに、「甘ーーーーい!!」と驚き、半分も食べられなかった・・ふらふら

デザートに限らず、トルコに最初に来たときは、食べ物全般食べることができなかった私・・笑あせあせ(飛び散る汗)。羊肉にも白チーズにもオリーブオイルたっぷりの食事にも拒否反応を示し、、、トルコ人が、「ケバブはおいしいよ!!」とぱくぱく食べてるのを、じとーっと見てるだけだった。。

それが今では、トルコ料理大好き〜〜になってるんだから、どうなんでしょ。。添乗員て、環境に順応するのが早いわぁ手(チョキ)

と、前置きが長くなってしまいましたが、、


この、真ん中に写っている、「パイのようなもの」が『バクラヴァ』です。
バクラヴァには、沢山の種類があるらしい。写真のは、四角い普通のバクラヴァ、四角いピスタチオのバクラヴァ(緑のピスタチオの粒粒がのっている)、三角のはこれまたちょっとだけ味の違うバクラヴァ(どう違うのかよく分からない!)です。

バクラヴァは、何層にも重なったさくさくのパイで、下のほうに、ナッツなどの粒々が敷いてあり、そしてパイがシロップ漬けになっています。さくさくっとしたパイをぱくっと食べると、じゅわわ〜っと甘ーいシロップが口中に広がり、後から、いろんなナッツの味がしてきて、とーーーってもおいしいわーい(嬉しい顔)

バクラヴァは、バクラヴァ屋さんというのが、街中にあり、ガラスのショーケースに並べられてます。多分、通常は、量り売り?だと思う。大きな箱に、1kg単位くらいでみんな買っていくみたい。
上の写真は、イスティクラル通り(イスタンブールの新市街の目抜き通り)のsarayというお店でテイクアウトしたもの。

ちなみに、右に写ってるピンクのは、カリンのシロップ漬け。こちらもおいしい!もちろん、甘ーーーいよ(笑)そして、カリンのお菓子につけて食べるのは、白いクリーム(名前忘れた・・)。なんでも、牛乳の脂肪分の一番いいところを使ったクリームだそうで、おいしいのだ!!マフィンにつけるクロテッドクリームに似た感じ。
左に移ってるのは、ざくろのジュース。


これは、その、バクラヴァのお店「saray」のお店でお茶したときのもの。このバクラヴァは、ナッツがぎっしり入っているタイプ。くるみやヘーゼルナッツやピスタチオやなんのなっつだかよくわからないけど、とにかく、ナッツがぎっしり!!じゅわわーんと砂糖シロップが口中に広がり、これもまたおいしい!!
バクラヴァは、とーーーっても甘いから、チャイ(トルコのお茶。甘くない。)と一緒に頂くのがおススメ揺れるハート

あんまりにもバクラヴァが好きなねねは、、

バクラヴァを日本に持ち帰ろう!!と思い、、

実行しました〜〜わーい(嬉しい顔)


これが、持ち帰ったバクラヴァ(笑)
左のが、sarayのもの。日本に持ち帰ると伝えたら、きちんと厳重に包装してくれました。アルミホイルを箱に敷き、箱自体をサランラップでぐるぐる巻きに。。。これなら、シロップが漏れる心配もなし!!
でも、日本に持って帰ってみたら、シロップがラップにしみてたの。。ということは、バクラヴァのパイのさくさくが損なわれている恐れが!!ということで、帰って早々、急いで食べてみたら、やっぱり、シロップがパイにしみていて、さくさく感が損なわれてたもうやだ〜(悲しい顔)
右のは、イスタンブール空港で買ったもの。こちらは、飛行機対応になっているのか、シロップが少なめなのか、パイはさくさくのまま。でも、あんまりおいしくないのよーー。後味がいまいちで。。

というわけで、やっぱり、現地で食べるのが1番かもねexclamation
大好きなバクラヴァについて、熱く語ってしまったねねなのでした・・。
posted by ねね☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113469030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。