2008年11月06日

キュランダ列車

ケアンズの町から30分位北に行くと、世界遺産の熱帯雨林地帯を見ることができます。熱帯雨林の中にある、キュランダ村に行くには、麓のカラボニカ駅からキュランダ駅まで長いロープウエイ(約40分)が出ています。もしくは、列車だとケアンズ駅からキュランダ駅までは約1時間半です。キュランダ村にはもちろん車で行くこともできますが、ツアーだと、ロープウエイ&列車で往復します。今回は、行きはロープウエイ、帰りは列車でした☆


「世界の車窓から」でも長いことオープニングを飾っていたという、このキュランダ列車。とてもかわいらしい列車です。
キュランダ駅を出て、終点ケアンズ駅までのんびり走ります。
最初は熱帯雨林の山間、それも崖っぷちを走っていきます。いくつかトンネルも抜けて・・

 

キュランダ駅を出てすぐ、バロン駅で停車します。ここには280mの落差を誇るバロン滝があり、駅がそのまま滝の展望台になっています。列車を降りて、写真を撮ることができまするんるんダムがあるということで、今回は水量が少なかったです。。

この後も遠くにグレートバリアリーフの海やケアンズの町を眺めながら列車はのんびりと走り、滝のすぐ脇を通ったりしながら進みます。山を段々と降りていくと、今度は民家やサトウキビ畑の中を走り、終点ケアンズ駅へと到着となりますわーい(嬉しい顔)

posted by ねね☆ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。