2008年09月03日

ビーフストロガノフ

「ビーフストロガノフ」という料理、知ってますか。お肉やきのこをクリームで煮込んだ料理、かな。このお料理は、ロシアのストロガノフ伯爵から由来がきているそうです。

エルミタージュ美術館には、「ストロガノフ伯爵」の肖像画がかかっています。若い青年の絵で、とってもハンサムです!!!ところがこの伯爵、歳を取ると歯が悪くなってしまったそうです・・。そこで、そんな伯爵の為に考えられたのが、お肉を小さめに切って煮込んだ、「ビーフストロガノフ」。

ちなみに「ビーフ」とは、〜流の・〜風の、といった意味だそうで、「ビーフストロガノフ」とは、「ストロガノフ風」という意味になります。なので、ビーフ=牛肉とはならないそうで、お肉も牛肉が使われるとは限らないとか。

あんなにハンサムだった伯爵が、歯が悪くなって食べられなくなったために作られた料理がビーフストロガノフだったとは・・・と、ちょっと悲しくもおかしくて。。ロシアに行くと必ずツアーの食事でビーフストロガノフが出てくると思います。お客さんは、このお話を思い出しながら、まさかこんな由来だったとは、と、ちょっと苦笑しながら召し上がっていました(笑)

以上、ロシア小話でした手(パー)
posted by ねね☆ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。