2008年07月17日

地下都市カイマクリ

カッパドキアにある、地下都市カイマクリ。昔、宗教的な迫害に遭った人達が、地下に住居を求め、住んでいた跡です。

現在は、観光として、地下4階までが公開されています。


昔は一時期、何万人もの人達がこの地下に暮らしていたそうです。中は本当、迷路のようです。細い道が張り巡らされ、一人では絶対に入って行きたくない・・・そんな感じ。
横道も沢山あって、団体からはぐれたら、絶対迷子になります!!


途中、狭い道を通っていきます。腰をかがめながら、しゃがむように歩くところも・・。
頭をゴツンとぶつけてしまいます(笑)
でも、ベトナムのクチのトンネルよりは全然広いです!
地下4階まで下って、また違う道を戻ってきます。

さすがに洞窟なだけあって、冬でも温度は15度位、夏でも中はひんやりです。結構快適な暮らしだったのかもしれません。
いや、そんなことないのかな、やっぱり。。

ラベル:トルコ
posted by ねね☆ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。