2008年07月17日

水なしパムッカレ

トルコの世界遺産。パムッカレ。「綿の城」という意味の石灰棚です。

こちらが、水ありパムッカレ

水(温泉)が流れているときは、見渡す限りの白い石灰棚に、水色の水が石灰棚の段ごとにたまっていて、太陽の光に反射して、それはそれはとっても美しい光景ですexclamation×2

何十年も前は、石灰棚にも普通に入って、おまけにプールみたいに泳げちゃったりしたんだって!!
でも今は、遺跡の保護のため、一部分の石灰棚にしか入ることが出来ません。
そして、肝心な水も、温泉の湯量が減ってきている、ということで、湯量調整されており、石灰棚に水が流されてないこともあります!!!


↑こちらが、水なしパムッカレふらふら
行ってみないと、その日水が流れているか流れていないかは分かりません!!
水色の水が満々と石灰棚に流れている様子を想像して行くお客様は、あれまぁ〜といった感想を持ちます(笑)


この日は、一部入ることの出来る場所、には、ほんのすこーしだけ、水たまりのようになっていました。。
でも、3回目に行ったトルコのときは、この水たまりさえもなかった!

水がたまっていようがたまってなかろうが、せっかく来たんだからと、靴を脱いで、いそいそと石灰棚に入っていくお客様わーい(嬉しい顔)
石灰棚は、素足で歩くと、割りにゴツゴツしていて、よい足のマッサージになりますよ(笑)ハートたち(複数ハート)


ぼくだって、入ってるんだワン!!!笑

パムッカレには、わんこがうろうろしています。いや、元々彼らのすみかにお邪魔しているのかも・・
わんこののんびりした様子も見ているとそういう気がしてきます(笑)


石灰棚のはじっこまで歩いて、ようやく、少し水がたまっているところを見つけました。


やっぱり、きれいだな〜〜〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

posted by ねね☆ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103067447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。