2010年04月09日

バウムクーヘン

バウムクーヘンは、ドイツのお菓子です。
どちらかというと、「高級菓子」になるそうで、あまりそこらじゅうでは見かけません。
お土産やさんとかパン屋さんで置いてあります。

バウム、というのが、柱、という意味だったような・・。
何層にも生地を重ねて焼いて、その上にチョコレートがコーティングされている、いかにも手間がかかりそうなお菓子ですね。

ねねは、ニュルンベルグのパン屋さんで見つけて買いました。


ドイツのバウムクーヘンは、なんだかしっかりとした味です。
私は日本のバウムクーヘンのほうが、好きかな?
しっとりやわらかいスポンジに、口当たりのいいチョコレートなどがかけてある日本のバウムクーヘン。
ねねが買ったバウムクーヘンは、しっかりとした固めのスポンジに、かなり分厚くチョコレートがかけられていて、口に入れると、ケーキとチョコがもさもさしました(笑)
日本のバウムクーヘンは、口に入れるとなめらかですよね〜


posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

シュトーレン

ドイツのクリスマスのお菓子といえば、、、シュトーレンです!


レーズンなどのドライフルーツやナッツなどが入ったパウンドケーキのようなものですが、くせのない味で、美味しいです♪
上には粉砂糖がかけられています。

日本でもクリスマスの時期、見かけます。
ドイツでは、クリスマスの期間中、薄く切って食べるようです。

これは、ケルンの大聖堂近くのお店で買いました。
大好きなので大きなシュトーレンを買いたいのですが、スーツケースに入らないので、500gくらいの小さなシュトーレンにしました。

posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

グリューワインのセット

クリスマスマーケットで飲まれるグリューワイン。
シナモンやオレンジの皮など?色々と入っているらしい、甘いワイン。
お鍋で温めたものを、寒い中飲むと、体が温まります。

グリューワインのマグカップもお土産に最適!
街ごとにデザインが違うし、毎年デザインが変わる。

グリューワインはお土産用にも売っています。
そして、マグカップとワインのセットを発見しました↓


かわいい!
これは、ニュルンベルグのクリスマスマーケットのもの。
記念になりますね〜☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

雪のノイシュバンシュタイン城

バイエルン国王・ルートヴィヒが建てた夢の城、それがノイシュバンシュタイン城です。
またしても雪の中の訪問となりました。。でも雪景色の中のお城がきれいなんです!!

冬、特に路面が凍結しているときは、普段使うシャトルバスが運行していません。
お城は山の上にあるので、ふもとから大体30分くらい歩いて登るか、馬車に乗るか、なんですが、この日は1月2日、2010年の営業開始日だったためか(城は元旦はお休み)、馬車は長蛇の列でした。
結局、歩いたほうが早い、ということで、歩いて登りました。

雪景色の山の道、馬車が通る様子は、本当に美しいです。
山のしんしんとした冷たい空気、降り積もったばかりの雪、静けさ、そういったものを感じながら、夢の城へと登っていくのもまた楽しいもんです☆
歩いて歩いて、ようやくお城がその姿を現しました!

お城の手前に、新しい展望所ができていました。

展望所からお城を撮ると、こんな感じです。

これはプラート渓谷。プラート滝が流れています。
渓谷の上には、マリエン橋があり、夏には橋の上から、お城の全景の写真を撮ったりします。


お城の見学は、完全予約制。案内人に従って約40分で、城の中を見学します。
城の中は写真撮影禁止です。
未完成のお城ですが、ルートヴィヒの暮らしたお部屋などを見ることができます。

帰りもまた山道を下ってふもとの駐車場へと戻ります。
雪の中のノイシュバンシュタイン城、忘れられない光景となりました!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

雪のヴィース教会

なんか前にも同じような記事を書いたような記憶がありますが、、、雪の中のヴィース教会です。
ヴィース教会は、ミュンヘンから2時間くらい。ノイシュヴァンシュタイン城の手前に20分くらいのところにあります。

世界遺産に登録されている教会ですが、外観はとてもシンプルです。

ところが中に入ると、バロックの優雅な装飾が出迎えてくれ、圧倒されます!
正面が主祭壇です。

天井は、天上界の様子が描いてあります。だまし絵になっていて、丸天井に見えますが、実際にはほぼ平らな天井だそうです。


ヴィース教会の名前を有名にしたのが、主祭壇にある「鞭打たれるキリストの像」です。
木製のキリストの像が涙を流したことが、「ヴィースの奇跡」として話が伝わり、多くの人が巡礼に訪れることになったそうです。


説教壇だと思います。天使の装飾がかわいらしい!


ヴィース教会のプレセビオは、主祭壇の手前にありました。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイデルベルグのケーブルカー

ハイデルベルクでハイデルベルク城を見学するときは、山の上にある駐車場にバスを止めます。
城の見学が入っていないときは、旧市街の橋の上から、城を見上げてご案内します。
というわけで、旧市街から城へとあがるケーブルカーを利用したことは今までありませんでした。

ところが今回、元旦にハイデルベルクを訪れてみると、、、街中のお店は全てお休み・・。
旧市街の観光を終えても、どっこもオープンしていない街中でフリータイムを取るわけにも行かず、お客様の希望もあって、見学には入っていなかったハイデルベルク城へケーブルカーでご案内することに。。

旧市街のコルン広場の奥にケーブルカー乗り場はあります。
冬だったからか、ケーブルカーの往復&城の入場料で5ユーロでした!

ケーブルカーはこんなモダンなデザイン。最近新しくなったようです。

城へとあがると、旧市街を見下ろすことができます。
ネッカー川、アルテ・ブリュッケ、対岸の哲学の道、ハイデルベルク大学など。
やはりここからの眺めは見ておかなくっちゃね!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ドイツの朝食

ドイツの朝食は、はっきりいって美味しいです^^

多分、パンが美味しいから、と思います。
パンの種類がとにかく豊富。白いパンから茶色いパン、黒いパン・・。
胚芽入り、ナッツが入ったもの、ケシの実がかけてあるもの。。

ねねはシンプルなパンが一番好き!
パンにナイフを入れて、そこにハムやサラミ、チーズをはさんでがぶり!!
温かい紅茶とともに食べれば、とっても美味しい朝食です☆

乳製品も美味しいので、チーズの種類も豊富、大好きなカマンベールの他にもブルーチーズやいろんなチーズがあります。
ソーセージが有名な国なので、フランクフルトソーセージ、ニュルンベルグソーセージ、ミュンヘンの白ソーセージなどが揃っていることも。
甘いジャムやはちみつ、ヨーグルト、果物が置いてあることもあります。
ドイツではついつい食べ過ぎてしまう朝なのです・・!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

大晦日の夜には・・・☆

ねねは2009年の大晦日の夜、リューデスハイムに泊まっていました。
リューデスハイムといえば、ライン川沿いの小さな街。
ライン川遊覧船の発着場があり、また、川を挟む丘の斜面いっぱいにブドウ畑が広がる、ラインの白ワインの生産地としても知られる風光明媚な場所。

夏は観光地として栄え、街の有名な通り・つぐみ横丁は沢山の人でにぎわいますが、冬はこじんまりとした静かな街です・・。
ホテルの人に聞いても、特にカウントダウンなどのイベントは予定していないというし、つぐみ横丁で夕食を食べて、せっかくなのでみんなで街をぐるりと一周してホテルに戻りました。。
もちろんお部屋のテレビで「紅白歌合戦」なんてやっていません。
まあ、こんな静かな大晦日もいいかな、、なんて思いながら眠りにつくと・・・

夜中の0時頃、なにやらパンパンという音がしてきました。。
おやおや、なんだか音が近いぞ、、と思い、部屋のドアを開けてみると。

おやまあ!
ホテルのベランダから花火が上がっているではありませんか?!!

しかも、街のあちこちから花火が上がっています。
ライン川をはさんで対岸の街からも花火が・・!

静かな街に鳴り響く花火と爆竹の音・・
なんだか少し得したような、ちょっぴりうれしくなった0時の花火だったのでした☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

年末年始のドイツ

ドイツといえばクリスマスマーケットが有名です。
クリスマスから約4週間前から、つまり11月終わり頃からクリスマスの日まで約1ヶ月にわたって各街でマーケットが開かれます。
それはそれはにぎやかで楽しいのですが、マーケットはクリスマスの日、12月24日のお昼頃にはぱったりと終わってしまうようです。

今回のツアーは、年末年始だったので、もちろんクリスマスマーケットは終わっていました。
各地でマーケットの残骸・・屋台の残りや飾り付けの残りなど、を見ながら、マーケットが終わってしまった後の少し寂しい観光となりました。

そんななか、リューデスハイムにて、グリューワインのお店を発見るんるん

寒いこの時期、マーケットでの定番は、グリューワインです。
赤ワインを温め、シナモンやら香辛料やらを入れたもの。熱々を飲みます。

もちろんワインなのでかなりのアルコール分なのですが、ねねはいつも子供用の飲み物を頼みます。
フルーツパンチのような味で、もちろんノンアルコール、見た目はグリューワインと変わりません。
このときもそれを頼んだつもりだったのですが、飲んでみたらなんと!
赤ワインと白ワインを混ぜて温めたもの、だったようです〜(笑)
そんなものもあるんですね〜目
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

フランクフルト・ラディソンサスホテル

ドイツへは、JALの直行便でフランクフルトへ。
市内中心部ではないけれど、メッセの近くのラディソンホテルに泊まりました。
部屋の中は快適そのもの。ドイツらしくモダンなデザインで、言うことなし!
まだできたばかりのホテルでした。


部屋の中では、普通にワイヤレスでPCが使えました☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。