2009年08月31日

ウマヨ湖


↑フリアカという街の近くに、シユスタニ遺跡というのがあります。インカ時代の皇帝たちの墳墓なのですが。墳墓はウマヨ湖に囲まれた丘に建てられています。この辺りは標高が約4000m目天に近い、ということで、墳墓が建てられたそうです。
このウマヨ湖とってもきれいですひらめきウマヨ島という島があり、ここではピクーニャが国の保護によって飼育されているそうです。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

クスコ


↑その昔、インカ帝国の首都だった街クスコ。スペイン人の侵略によって、インカ帝国時代の石積みの上に、スペイン風の建物が作られた・・という、不思議な景観をしています。

↑クスコの街歩きは楽しい。細い路地もとても趣があって、石畳の道や石積みの壁などを見ながら歩いていると、おもしろいです☆
  

↑かみそりの刃も通さない、といわれるほど精巧に積み立てられたインカ時代の石積み。街を歩いていても、本当に様々なサイズの石が組み合わされており、興味深いですよ。隙間が本当にないのは不思議〜〜
  

↑コリカンチャ(太陽の神殿)の入り口と中庭。

↑ねねのホテルのお部屋からの眺め(笑)クスコは標高が3300mほどと高いので、青い空と白い雲がきれい!茶色い家と青い空、ねねのクスコの強い印象です!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

マチュピチュへGO☆



↑さあ、列車に乗ってマチュピチュへ!!この青い列車は、バックパッカー号。なんかその名の通り・・っていう感じですが(笑)、3種類ある列車のうち、一番運賃の安い列車です。ま、別に汚いとか満員電車とかそんなことはありません。ちゃんと指定席のきちんとした列車で、マチュピチュまでのわくわくする数時間をこの列車に乗って旅します。ランクの高いツアー以外は、多分みんなこのバックパッカー号でマチュピチュに向かうと思います。

2009_07290033.jpg

↑今回のマチュピチュ☆やった〜〜〜お天気に恵まれましたわーい(嬉しい顔)
前回は朝だったからか霧で真っ白でしたが、今回はワイナピチュもくっきりと見えています!気分爽快〜〜
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ナスカのお土産☆

地上絵で有名なナスカ。遊覧飛行の待ち時間におすすめなのは、ショッピングひらめきお土産も色々ありますが、シルバーアクセサリーがかわいいでするんるん
   
↑ナスカの地上絵をモチーフにしたものが人気!さる、はちどり、くもなどなど。良い記念になりますよねわーい(嬉しい顔)
  
↑カラフルなものは、インカの神様、十字、太陽、しずくなどをモチーフにしてあるもの。こちらもなかなかかわいいですよ☆
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ペルーの野菜・果物


↑紫とうもろこし。これを使ったチチャモラーダというジュースがあって、ほんのり甘い不思議な味がします。
  

↑じゃがいもなどのお野菜。なんでもペルーには、じゃがいもやとうもろこしなどは何百種類もあるらしい目果物もけっこうよく食事に出てきます。サボテンの実も朝食に出てきたりします。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ペルーの首都・リマ

ペルーの首都リマは、太平洋に面するとても大きな街です。市内観光では、旧市街アルマス広場や各博物館、ペルー大使公邸事件の建物などを回ります。宿泊は、ミラフローレンスという新市街のホテルに泊まりました。

↑こちらは、「恋人たちの公園」。太平洋に面する公園で、ミラフローレンス地区にあります。男女の像の向こうには、太平洋が一望できる、なんとも眺めの良い公園で、、、その名の通り、カップルがたーくさんいますよわーい(嬉しい顔)
  

↑旧市街・アルマス広場。カラフルな黄色の建物に囲まれた広場です。広場に面する大聖堂の中に入ることができました!
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

ペルー再び・・

南米&北米と日本を行ったり来たりしていた5,6月。。ペルーデビューをしたり、新型インフルが流行したり、自分も体調を崩したりとなんだか大変だったけれど、7月にもまたペルーに行ってました(笑)しかもこれがなんと・・2回目のペルーにして、全国的な大規模ストライキにガツンと当たり、めっちゃ大変でしたもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
行程変更の嵐、お客さんへの対処&説明など、行き当たりばったりの、過去最高に苦労した添乗となった2回目のペルーでしたがふらふら、結果的にはなんとかうまくこなして帰って来れましたわーい(嬉しい顔)
ストライキの写真などは撮れず(危ないから)、楽しそうな写真しか残ってないので、苦労した日々をつい忘れそうになりますが(笑)、そういえば大変な思いをしたのだった・・と思い出してきました。
ま、そんなこんなで明日からは、思い出深い(笑)ペルー添乗記を書きますひらめき

あ、そういえば、ナイトミュージアム2観ました!
赤い飛行機は、女性で初めて「大西洋横断」をしたものでした。
スミソニアンやワシントンの名所が出てきて、おもしろかったです♪
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

タイムズスクエア

  

↑ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中、劇場が沢山あるブロードウェイにあるタイムズスクエア。大晦日のカウントダウンで有名。
きらびやかなネオン広告が並び、ニューヨークの黄色いタクシーが通り抜けていく活気のある場所です。この一等地にネオン広告を出すということは一種の経営のバロメーター?東芝さんの広告を見つけ、日本企業もがんばっている!と思いました。
  

↑この辺りは、「ザ・観光客」が来るエリア。ニューヨーク土産を売っているお店ばかりです(笑)I LOVE NYのロゴを施したお土産がたーくさん!!

↑こちらは、馬に乗ったニューヨークの警察官。もはや名物?馬も観光客に慣れていて、おとなしいです揺れるハート
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペラ座の怪人☆

ねねはミュージカル「オペラ座の怪人」が大好きハートたち(複数ハート)今まで、ロンドンとラスベガスで見たことがありましたが、今回、ニューヨークで見ることができました!!本場ブロードウェイミュージカルは初めてですぴかぴか(新しい)

↑劇場はタイムズスクエアから程近いところにあります。マジェステック劇場。

↑ロングランを続けているオペラ座の怪人。映画もよかったですが、ミュージカルはやはり生のオーケストラの演奏、生の歌、舞台装置が楽しめるので断然ミュージカルのほうが好きです!

↑劇場内に入ると舞台の上に、お話しの鍵となる「巨大な豪華シャンデリア」が置かれていました。ロンドン、ラスベガス、ニューヨークと、やはり劇場内のデザインが違うし、舞台装置が全然違い、演出も違うので、それらの違いも楽しいです☆

ニューヨークの「オペラ座の怪人」はさすがに長い揺れるハート1部と2部に分かれていて、間に休憩があります。全部で2時間半くらい。ラスベガスのはあわただしくて全部で1時間半くらいだったから、じっくり楽しめるのはうれしいわーい(嬉しい顔)

ここからは長くなるので、興味のある方だけ、、、
ねねは、始まりの競りの場面、競りの場面から本編の物語が始まるときの盛り上がる場面、クリスティが主役に抜擢されて歌う場面、怪人がクリスティをオペラ座の地下へと連れて行き船に乗る場面、大階段で総キャストがマスカレードを歌う場面、シャンデリアの落ちる場面、最後に地下で起こるハプニング、最後の最後に踊り子がマントを取る場面などなど、好きな場面が沢山ありすぎて・・・観るとわくわくし通しですぴかぴか(新しい)
歌も、マスカレード、シンクオブミー、エンジェルオブミュージック、ファントムオブジオペラ、ミュージックオブザナイトなど大好き!CDも持っているけれど、やっぱり生で聴くのは全然違いまするんるん
ニューヨークのは、本当にきちんとしていた。じっくりと楽しむことができました。
怪人がクリスティを地下へと誘う場面、そして最後のマントを取る場面など、けっこうからくりみたいな部分もあるけれど、そういうのも、いったいどうやっているのかな、と想像するのが楽しい!
何回見ても飽きません。ねね的には、ロンドンのこじんまりとした劇場の雰囲気、ラスベガスは劇場が大きく舞台装置も近代的で豪華、ニューヨークはストーリーが丁寧で一番見ごたえがある、という感じ。歌い手は、私はロンドン→ニューヨーク→ラスベガスだったかな。
日本では今名古屋でやっているはず。日本語なのかな、興味あるなぁ。

怪人はやっぱり、映画のジェラルド・バトラーが一番かっこいいけどねわーい(嬉しい顔)
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ベッツィ・ロサの家

このツアーでねねは初めてフィラデルフィアに行きました。フィラデルフィアはアメリカ建国ゆかりの地として有名なところ。ダウンタウンは立派な高層ビルの立ち並ぶ街ですが、歴史的地区には、独立宣言をした場所や自由の鐘などが残されており、アメリカの歴史が始まったところでもあります。
 

↑ここはベッツィ・ロサの家。彼女は、アメリカの星条旗を始めて縫った人。今では星条旗には50の星(現在の州の数)がデザインされてますが、彼女の旗は13の星です。これは、建国当時の州の数だそうです。
フィラデルフィアの歴史地区を回り、建国当時のお話を聞いていると感慨深いものがあります。遠いヨーロッパからやってきて新しい土地で新しい国を作ろうと奮闘した人たちがいたからこそ、今の大国アメリカがあるのですね。近代的な街ばかりという印象のあるアメリカですが、古い街もこうして大切にされています。これもまた、広いアメリカの一面なんですね。
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。