2009年07月20日

アンテロープキャニオン


グランドサークルの数ある名所の中でも非常に人気があるのがこの「アンテロープキャニオン」。ねねもアンテロープキャニオンが大好きわーい(嬉しい顔)

アンテロープキャニオンへの行き方ですが、拠点となるのはPAGEという街。ここから、「アンテロープキャニオンツアー」が出ています。ツアーは行って帰って大体2時間半〜3時間位かな?片道30分位、アンテロープキャニオンで1時間位でしょうか。
まず、ツアー発着所で、車に乗ります。車は、ジープもあれば普通車もありますが、、ここではジープに乗りましょう!!ジープは、吹きっさらしのトラックの荷台に乗るような感じですが、屋根はかろうじてあります。ジープで街中をまず10分ほど疾走し、その後、道なき道へと入っていきます(笑)ここが大変〜あせあせ(飛び散る汗)砂の道をけっこうなスピードでガタガタガタガタ走っていくので、ジープの荷台は、ぴょんぴょん飛び跳ねることに(笑)あらかじめお客様には飛び跳ねることを伝えておきますが、みんな手すりにつかまり必死ですわーい(嬉しい顔)キャーキャー楽しんでますよ♪もちろん普通車のほうは、振動もジープよりはなく、なおかつ冷房も効いていて快適なんですけどね〜やっぱ、ジープでしょうパンチexclamation×2
ジープのガタゴトに揺られること15分ほどで、アンテロープキャニオンの入り口に到着ですひらめき渓谷の中は非常に狭く、人も多いです。ジープの運転手さんが案内人となり、渓谷内を説明しながら誘導してくれます。渓谷内は入り口から出口まで大体3,40分位(説明や混雑状況による)、出口まで出たら、また折り返し同じ渓谷内を入り口まで戻ってきます。全て団体行動で回ります。
アンテロープキャニオンは、写真好きのお客さんにはたまらないところるんるん説明を聞いたり、写真を撮りながら、狭い渓谷内をゆっくりと進んでいきます手(チョキ)ねねも写真を撮ったので、ご覧ください目プロではありませんので上手ではないけれど、ご了承ください(^_-)-☆

 

 

 



↑ちなみに案内人は、先住民の方です。この辺りは、ナバホだけでなく、ホピ族・ハバスパイ族などなど様々な先住民の部族が暮らしています。このお兄さんは、歌も披露してくれましたひらめき
案内人の方は、渓谷のプロ!彼らは、アンテロープキャニオンを知り尽くしています。案内人によっては、自分のおススメの写真撮影スポットをレクチャーしてくれます。自分のカメラを渡して、案内人の方に撮ってもらうと、非常にきれいに、独特のアングルで撮ってくれますよひらめき

 


出口へと出てきました。ここまで来たら、また折り返し、今来た道を入り口まで戻ります。
アンテロープキャニオンは、2つあります。アッパーアンテロープとロウアーアンテロープ。ここは、アッパーアンテロープ。ロウアーのほうは、もっと狭いそう。たまに鉄砲水で事故が起こると聞いたことがあります。アンテロープキャニオンのこの神秘的な空間は、水の浸食によってできたもの。乾いた大地の地下にこんな空間があるなんて、とてもとても不思議です。上には大地が広がり、渓谷には太陽の光が差し込んできます。
「アンテロープ」は、小鹿バンビのような動物。今はいないそうですが、昔はこの辺りで見られた、ということで、渓谷の名前となっています。今では、ブライスキャニオンやグランドキャニオンで見かけることがありますよ!
このアンテロープキャニオンは、昔、先住民の女の子が牛を追ってきて迷い込んで発見したそうな。

ちなみにアンテロープキャニオンに行くときの正しい格好(笑)をご紹介します!

ははは。怪しい人になっていますが・・・完全武装で行きましょう(笑)ねねが行ったのは5月ですが、まず、暑いので、薄手の長袖で日よけ対策。そして、渓谷内ではたまに上から砂が落ちてくるので、帽子は絶対必要!まぶしいのでサングラス。マスクは・・どっちでもいいと思いますが、、ジープの砂よけ、渓谷内の砂よけ、乾燥対策、兼新型インフル予防(?)ということで(笑)ねねは、のどが弱いのでマスクをしてました。ま、アメリカ人は、半そで短パン帽子もかぶらず、ですけどね〜
ちなみに、アンテロープは砂には要注意!カメラに細かい砂が入ってしまうと、壊れてしまうことがありますよ!


posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。