2009年05月09日

ダビデ像

やっぱりもうちょっとイタリアネタがありましたので、引っ張らせていただきます。。
15c、フィレンツェで花開いたルネサンス。その3大巨匠がレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ・ブオナローティ、ラファエロ・サンツィオです。ミケランジェロの作品の中でも、美術の教科書に乗っている有名な像といえばexclamation×2ダビデ像です。
ダビデ像のオリジナルは、雨風から守るために、アカデミア美術館で展示されています。しかし、フィレンツェには他にも、ミケランジェロ広場とシニョーリア広場にダビデ像のコピーが置かれています。

シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿の入り口に立っています。元々、オリジナルの像もこの場所に建っていました。最近まで修復?で幕で覆われてましたが、また見ることが出来るようになりました!

ダビデ像は大変りりしく、体つきがすばらしいです。アカデミア美術館では、デジタルダビデ?だったかな?モニターの映像で360度からのダビデ像を見ることが出来、ねねはそれが興味深かったです。斜め後ろから見たり、顔の部分をアップで見たり。どの角度から見てもゆがんだ角度というのがなく、完璧な肉体であり人間であり、こんな彫刻を彫るなんてやはりミケランジェロは天才だったのだ、と思いましたひらめき

こちらは、ウフィツィ美術館内から眺めたアルノ川&ヴェッキオ橋。美術館内は写真撮影禁止ですが、窓の外を撮るのはOKです。そして、美術館の一角から、ヴァザーリの回廊&ヴェッキオ橋がよく見えるポイントがあります☆

こちらは、逆に、ヴェッキオ宮殿から眺めたヴァザーリの回廊&ウフィツィ美術館。ヴァザーリの回廊は予約がないと入れません。ヴァザーリの回廊を見学するツアーに添乗してみたいなあ揺れるハート
posted by ねね☆ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 添乗・イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。